森之宮病院診療について診療科心臓血管センター(心臓血管外科・循環器内科) → 体にやさしい大動脈瘤のカテーテル治療
森之宮病院トップ
森之宮病院について
診療について
診療科
診療時間
外来のご案内
入院について
ここから本文

心臓血管センター 医療情報

体にやさしい大動脈瘤のカテーテル治療(ステンドグラフト内挿術)


森之宮病院心臓血管センターでは、大動脈瘤ならびに解離性大動脈瘤(大動脈解離)に対する治療を積極的に行っている全国的にも数少ない大動脈瘤の専門施設です。ステントグラフトと呼ばれる人工血管を使った体にやさしいカテーテル治療を数多く手がけています。
心臓血管外科部長である加藤 雅明医師は、日本で最初に大動脈瘤のステントグラフト治療を行い、世界で最初に解離性大動脈瘤のステントグラフト治療を行った、この分野の第一人者です。全国の病院で、ステントグラフト治療の指導も行っています。
このページでは、大動脈瘤の治療法について知りたい方を対象に、大動脈瘤の治療法に関するさまざまな情報を提供しておりますので、ご参照ください。
心臓血管センターの診療内容や医師の紹介は、こちらのページからご覧いただけます。

1.大動脈瘤とは?

図1 主な動脈瘤

大動脈瘤とは、心臓から駆出された血液を全身に運ぶための一番太いパイプである大動脈が徐々にこぶ状にふくらみ、突然破裂を来たす致命的な病気です(図1)。

大動脈瘤の主な原因は動脈の老化現象、いわゆる動脈硬化です。動脈硬化によって弱くなった動脈壁に高血圧が加わり、動脈壁がこぶ状に膨らんでくるとされています。破裂するような大きさになるのには数年以上かかりますが、症状がほとんど出ないため見つかりにくいという難点があります。破裂を来たした場合は、救急車で病院にたどり着く前に絶命する可能性が高い病気です。このため大動脈瘤が見つかれば、速やかに専門医(心臓血管外科)の診察を受ける必要があります。

大動脈瘤には胸部大動脈瘤・腹部大動脈瘤・胸腹部大動脈瘤など、そのこぶができる部位によって呼び名が異なり、またその治療の難しさや危険の度合いも異なります。また、大動脈瘤の中には、急にこぶが発生する解離性大動脈瘤という種類の動脈瘤もあります。解離性大動脈瘤は、何らかの原因(動脈硬化症や先天性:Marfan(マルファン)症候群など)で突然、大動脈壁が縦方向に裂ける奇病です。救急疾患の中でも最も恐ろしい病気の一つといえます。

2.大動脈瘤の治療方法

大動脈瘤の治療には、1.薬物療法、2.カテーテル治療、3.手術治療の3つの治療方法があります。特に最近では2のカテーテルを用いてステントグラフトと呼ばれる人工血管を移植するステントグラフト内挿術が注目されています。

当院ではこのカテーテル治療(ステントグラフト内挿術)を中心に、体にやさしい大動脈瘤治療を積極的に行っています。また、3の手術治療に関してもさまざまな工夫をこらし、世界レベルの治療成績を上げています。

それぞれの治療方法の概要を説明します。

2-1.瘤の大きさが小さい間に行う薬物治療

多くの場合、大動脈瘤は症状がありませんので、その致命的な病態である破裂を防ぐことができれば、大掛かりな治療をする必要はありません。大動脈瘤を破裂させないように、血圧を下げるお薬(降圧剤)で経過をみる方法があります。

さらに最近では、こぶ状に膨らんだ瘤壁が縮んだり、あるいは強くなったりするお薬も開発されつつあります。しかし、薬物治療にはある一定の限界があり、瘤の大きさがある一定以上に達した場合には、血圧を下げるお薬を服用していても破裂を免れることはできません。お薬を服用していただきながら定期的に血管専門医を受診していただき、瘤の大きさがある一定以上に大きくなったら、下記の2.カテーテル治療あるいは3.手術治療を施行するという方針になります。

2-2.体にやさしいステントグラフト内挿術(カテーテル治療)

ステントグラフト内挿術では、図2のように大動脈瘤の存在する部分にカテーテルというストロー状の長い管を挿入します。カテーテルの中にバネ付きの人工血管を挿入し、動脈瘤部分でこのバネ付き人工血管をカテーテルから押し出して留置します。この人工血管をステントグラフトといいます。

大動脈瘤内で広がったステントグラフトは動脈瘤の前後を橋渡しする形となり、動脈瘤は血液の流れから完全に遮断されます。人工血管の外側にかさぶたがついて、動脈瘤が破裂しない状態となるわけです。

この方法は、太ももの付け根の部分に小さな切開(4〜5cm)を入れるだけで治療ができ、他の部分は切開する必要がありません。麻酔も部分的にかける局所麻酔のみにて行うこともできますので、患者さんの体の負担は手術に比べて極めて低いという利点があります。ご高齢の方や体に弱点を持つ方にも受けていただきやすい治療といえます。

ただし、すべての方にこの治療方法が適応されるわけではなく、その大動脈瘤の場所や性質によっては手術が適している場合もあります。両方の治療が可能な場合、基本的にはご本人の選択にゆだねられます。専門医の先生とよく相談して、最終的にご自身でお決めになるのがいいでしょう。

当院の心臓血管外科部長である加藤 雅明医師は、日本で最初に大動脈瘤のステントグラフト治療を行い、世界で最初に解離性大動脈瘤のステントグラフト治療を行いました。この分野のパイオニアでもあり、第一人者ですので、安心して大動脈瘤のカテーテル治療を受けていただけます。

図2 大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術

2-3.確実で耐久性に優れた手術治療 人工血管置換術

図3 大動脈瘤に対する人工血管置換術

図3のように、こぶになった動脈瘤を直接露出させ、人工血管と取り替える手術による大動脈瘤の人工血管置換術という方法もあります

これは確実な治療方法として50年前から行われており、一度治療すればその部分の再発などトラブルがほとんどないのが利点です。しかし、1回の手術が体に与える負担は心臓手術を上回る場合も多く、手術自体はうまくいっても体力負けしたり、いろいろな合併症が起こったりしやすいという欠点があります。

当院の心臓血管外科では、大動脈瘤手術という危険度の高い手術を受けていただく方のお気持ちを考え、再発ができるだけ少ない耐久性に優れた治療を提供しています。手術を施行する際には、個々の症状や病態に合わせた治療計画を綿密に立て、さらに工夫を凝らして手術を行っています。お一人お一人に対し十分な術前検討を行い、麻酔科医、看護師、体外循環技師らが一丸となって最高の医療を提供しております。それが「大手術を受ける」というリスクを背負っていただく患者さんの気持ちに応える唯一の方法だと私たちは考えています。

心臓血管センター