乳がんの治療・乳がん術後の乳房再建(乳腺センター)

森之宮病院乳腺センター形成外科では、乳がん術後の乳房再建を積極的に行っています。また、再建術を行ったあとでも残るわずかな変形や、他院での温存手術・再建手術後の変形についても修正手術を行っています。手術は、日本のこの分野で豊富な実績を誇る大阪大学医学部形成外科と連携し行っています。

このページでは、乳がん術後の乳房再建について知りたい方を対象に、乳房再建の時期や方法についてさまざまな情報を提供しています。診察時には実際の症例写真をご提示し、さらに具体的なイメージを持っていただけるよう努めております。
再建手術についてもっと詳しく知りたい、あるいは一度話だけでも聞いてみたい、などご興味のある方はお気軽に受診してください。
 

乳がん術後の乳房再建

  1. 乳房再建とは?
  2. 乳房再建の時期
  3. 乳房再建の方法
    1. 自家組織移植
      1. 広背筋皮弁法
      2. 腹部皮弁法
    2. 人工乳腺(インプラント)
      1. 2回手術法
      2. 1回手術法
    3. 脂肪注入
    4. 輪乳頭再建法
  4. 乳再建術後の修正

 

1.乳房再建とは?

乳がん手術によって失われた乳房を形作る手術のことを乳房再建といいます。近年、乳がん手術では、乳房周辺の組織やリンパ節を切除する乳房切除術(全摘術)に加え、乳腺の一部のみを切除する乳房温存手術が行われていますが、「思っていた以上に形が変わってしまった」「おっぱいがなくなってしまった」と手術後に心を痛めている患者さんが多くおられます。
当院では全摘術、温存手術いずれも積極的に再建手術を行っていますが、他院で手術を受けられたあとになおも残る変形についても再建手術や修正手術を行っています。

2.乳房再建の時期

乳房再建を行う時期には、乳がん手術と同時に行う場合(一次再建)と、乳がん手術が終わってから後日に行う場合(二次再建)があります。一次再建の方が、手術回数が少なくて済み、乳房喪失感も軽減されるメリットがあり理想的です。
しかし、例えば、乳がん手術後に放射線治療が必要な場合、二次再建の方がよいこともあり、どちらがよいかは患者さんの状態・治療方法によって変わりますので一概にはいえません。当院では乳腺外科医と形成外科医が十分に検討を行い、患者さんのご希望をお聞きしたうえで最適な時期をご提示させていただいております。

3.乳房再建の方法

乳房再建の方法には大きく分けて3つの方法があります。自分の体の一部(自家組織)を移植する方法、人工乳腺(インプラント)を用いる方法、脂肪を吸引し注入する方法です。いずれの方法も、メリットもあればデメリットもありますので、それらを患者さんが納得いくまでわかりやすく説明することにつとめております。
乳がん手術と同時に乳輪乳頭を失われた患者さんには、乳房の形態が整ったのちに乳輪乳頭を再建する方法があります。

3-1.自家組織移植

自分の体の一部を移植して胸を形作る方法です。用いる部分には、背中とお腹の2か所があります。背中の一部を用いる場合を広背筋皮弁法、お腹の一部を用いる場合を腹部皮弁法といいます。何れも医療費は保険適用です。

3-1-1.広背筋皮弁法

背中の皮膚・脂肪・筋肉を胸に移植する方法を広背筋皮弁法といいます。わきから背中にいく栄養血管をつけたまま、皮膚のトンネルをくぐらせて背中の組織を胸まで移動させます。
比較的小さな胸の全摘術や温存手術にちょうどよい再建方法です。背中に長い1本の傷が残りますが、プラジャーラインに隠れてできるだけ目立たぬように工夫を行っています。

3-1-2.腹部皮弁法

お腹の皮膚・脂肪(・筋肉)を胸に移植する方法を腹部皮弁法といいます。みぞおちからお腹にいく栄養血管をつけたまま、皮膚のトンネルをくぐらせてお腹の組織を胸まで移動させる方法(腹直筋皮弁法)と、栄養血管を一旦切り離して胸に移植してから血管をつなぎ合わせる方法(深下腹壁穿通枝皮弁)があります。
手術時間が少し長くなりますが、比較的大きな胸の全摘術にちょうどよい再建方法です。下腹部に横方向の長い1本の傷が残ります。本法は現在のところ手術時間の都合上、当院では行っておらず、腹部皮弁をご希望の方は連携している大阪大学医学部形成外科へご紹介させていただいております。

3-2.人工乳腺(インプラント)

シリコン製の人工乳腺(インプラント)を胸に挿入して形作る方法です。インプラントは、最終的に皮膚よりも深い大胸筋という筋肉の裏面に挿入するわけですが、これを2回に分けて行う方法と1回で行う方法があります。何れも医療費は保険適用です。

3-2-1.2回手術法

初回の乳がん手術時には、大胸筋の裏面にはインプラントを挿入できるだけのポケット/スペースができていないため、このポケットを作成するための前段階の手術=組織拡張器(エキスパンダー)挿入術が必要になります。

エキスパンダーとは、水を少しずつ入れることによって膨らんでいくシリコン製の風船のことです。すなわち、エキスパンダーを挿入する手術を行い、その後徐々に膨らませて大胸筋の裏面に十分なポケットができた段階でインプラントにいれかえるという合計2回の手術が必要になります。


挿入しておいたエキスパンダーをインプラントに入れかえます。

1回目のエキスパンダーを挿入する手術は通常、乳がん手術と同時に行いますが、乳がん手術が終わってから後日に行うこと(二次再建)も可能です。本方法はからだの他の場所に傷をつける必要がないことが最大のメリットです。
一方、手術回数が1回多くなる、時間が経つとひきつれによる変形が目立つことがある点がデメリットになります。

3-2-2.1回手術法

初回の乳がん手術時に、大胸筋の裏面にインプラントを挿入する方法です。初回手術時は通常、大胸筋だけではインプラントを入れるポケット/スペースが不十分で、インプラントが大胸筋からはみ出た状態となります。これを補うため、ソケイ部(太ももつけ根の内側)より皮膚を採取し大胸筋に縫い付けて継ぎ足しをして、ポケットの補強を行います。これにより乳がん手術と同時にインプラントを挿入することが可能となります。

本方法は乳がん手術(乳輪乳頭が温存される場合)と同時に乳房再建も完結することが最大のメリットです。
一方、皮膚を採取したソケイ部に1本の傷が残る、時間が経つとひきつれによる変形が目立つことがある点がデメリットになります。

3-3.脂肪注入

からだの他の場所(太もも、お腹など)から脂肪吸引によって脂肪を取り、それを胸に注入するという方法です。乳がん手術と同時ではなく、乳がん手術が終わってから後日に行っています。
当院では脂肪注入をより効果的に行うため、ブラバという体外式吸引装置を術前と術後に装着していただいて、脂肪の生着をより高める工夫を行っています。シェイプアップの効果も兼ねた乳房再建で、からだに大きな傷を作ることなく、自然な乳房を得られることが最大のメリットです。

一方、1回で注入できる脂肪には限度がありますので、目的の乳房の大きさを得るには複数回の手術が必要なこと、細身で吸引する脂肪があまりない方には行えないことがデメリットになります。保険適用外で自費診療となります。

3-4.乳輪乳頭再建

乳がん手術と同時に乳輪乳頭を失われた患者さんには、前述の再建法などにより乳房の形態が整ったのちに乳輪乳頭を再建します。
乳頭の再建法には、皮膚に細工を施して乳頭の形を作る方法、健側(反対側)の乳頭が大きい場合はその半分を切り取って移植する方法があります。
乳輪の再建法には、太ももの付け根内側より皮膚を移植する方法、刺青により着色する方法があります。
これらはいずれも日帰り手術で行っています。刺青による着色は自費診療となります。

4.再建術後の修正

過去に、乳腺の一部のみを切除する乳房温存手術を受けられ想像以上に形が変わってしまった、あるいは自家組織やインプラントを用いた再建術を行ったあとでも、大なり小なり変形が気になることはよくあります。他院で再建術を受けられた患者さんも含め、当院ではそのような場合に、変形の具合に応じて脂肪注入術による修正や自家組織移植による修正を行っています。

また、もともと乳房には大なり小なり左右差があるように、自家組織移植やインプラントを用いた再建をしっかり行った後でもある程度の乳房の左右差は残ります。特に健側(反対側)乳房が下垂している場合は、差がより目立つことがあります。そのような時には下垂した乳房の吊り上げを行って左右のバランスをとる手術も行っています。
またご希望に応じて、健側(反対側)乳房の豊胸術も行っています。この場合の健側(反対側)乳房の吊り上げ術、豊胸術は自費診療となります。

 

お問い合わせ先

TEL

06-6969-0111(代)

受付時間

平日  9:30~17:00
土曜日 9:30~12:00

 

 

  1. 森之宮病院
  2. 乳がんの治療・乳がん術後の乳房再建(乳腺センター)