事務一般職

事務一般職

仕事内容

 事務一般職の仕事内容として、「事務部門」「管理部門」の2つに分けることができます。「事務部門」では、医療保険・介護保険のレセプト作成業務、他医療機関・施設からの受診・入院・検査などの紹介を受け入れる地域医療連携業務、提供事業の営業活動、その他、予約管理や施設管理などを行います。「管理部門」は、医療法人の経営に欠かすことができない総務・人事・資材施設・経理・情報システム等を担当しています。
 これら2つの部門の仕事では、診療報酬などの国の政策や制度、法律や病気、介護サービス情報などの「医療・福祉に関する基礎知識」、トラブル対応や内外との連携・調整ができる「コミュニケーションスキル」業務改善や課題解決につなげる「論理的な分析力」といった能力が必要となります。

 

教育体制・キャリアパス

教育体制

新卒採用

 入職前の3月下旬に約1週間の「新人教育集合研修」が行われます。医療・福祉業界や大道会の概要をはじめ、コミュニケーションの基礎やグループワークを通じたチームワークの重要性など幅広い内容を学びます。入職後は各病院・施設の各部署に配属され、仕事を通じて上司や先輩から指導を受けます。また、1年目の秋には「新人職員フォローアップ研修」が行われ、大道会の経営に関する学習や業務の振り返りを行います。その翌年の2年目の秋には、業務で直面している課題の分析方法などを学ぶ「2年目職員フォローアップ研修」が行われます。

新人研修・新人フォローアップ研修

中途採用

 中途入職者を対象とした「キャリア入職者研修」が毎月開催されています。医療・福祉業界や大道会の概要、防犯・防災、個人情報保護などの大道会で働く上で必要になる知識を学びます。また医療コンシェルジュによる接遇講習も開催されています。

管理職研修

 2010年から主任・科課長全員を対象とした「課題解決ワークショップ」を開催しています。論理的思考力などの手法を使って、課題発見から分析、解決策の立案までを学びます。

課題解決ワークショップ

その他の内部研修

 森之宮病院やボバース記念病院、一部の施設では毎月、医療・福祉を中心としたテーマの院内勉強会・研修会が開催されており、事務職員も参加しています。また、業務の質向上を目指した自主的な勉強会を開催している部署もあります。

外部研修・学会発表

 業務経験に応じて、大阪私立病院協会やその他団体による外部研修に参加することもあります。業務で必要となる知識や技術を得られることはもちろん、同じ事務職同士の交流を図ることもできます。さらには、部署内で業務改善を行ったり、新たな試みに取り組んだりした場合は、その成果を学会等で発表することもあります。初めて学会発表に挑戦する場合でも、経験者からサポートを受けることができます。これまでの例として、日本病院学会、大阪病院学会、日本医療マネジメント学会などで学会発表を行いました。

キャリアパス

 事務一般職は所属部門における業務を的確に遂行するとともに、日々現場で起こる様々な問題に対応できることが期待されています。定期的な異動はありませんが、ご本人の適性や希望に応じて、他の施設・部署への異動も可能です。また、事務一般職から事務総合職への転換も可能です。事務一般職は下記のいずれかの施設・部署に配属されます。

本部

管理部(総務課・人事課・経理課)
資材施設部(資材課・施設課)

森之宮病院

診療部(地域医療連携室)
事務部(第一フロントサービス課・第二フロントサービス課・庶務課)
システム管理室(情報システム課)

ボバース記念病院

事務部(第一フロントサービス課・第二フロントサービス課・庶務課)

帝国ホテルクリニック

企画広報部(企画広報課・フロント課・管理課)

大道クリニック

事務サービス課

森之宮クリニック

企画広報部

グリーンライフ

事務サービス部(事務課)

在宅事業部

 

先輩の声①

森之宮病院事務部フロントサービス課
事務一般職
小山さん

担当している業務について教えてください。

 私は主に外来業務を担当しています。医師が作成したカルテをもとに治療費の計算、その内容の点検を行っています。また月初めには、レセプト点検や返戻レセプトの処理を行っており、重要な作業を任されていると感じています。個人では健診、公害、結核、歯科入院の治療費の計算を担当しています。

大道会に就職したきっかけを教えてください。

 私が中学生の時怪我で病院へ受診した時、受付の方の笑顔で丁寧な対応のおかげで不安が取り除かれました。また、姉が2人とも医療関係の仕事に勤めていることから医療関係の仕事に興味を持っていました。私は人と接することが好きでパソコン作業が得意だったので、医療事務の仕事を目指すようになりました。私が卒業した専門学校からたくさんの先輩方が大道会で活躍されていたことから、大道会に就職を希望しました。

仕事のやりがいはどのような点ですか?

 日々仕事をしていく中で、分からないことがたくさんでてきます。その度自身で調べたりスタッフ同士で知識を共有し合うことにより、また1つ知識が身に付くことが楽しく感じます。また、受付業務をしていた頃は、患者さんの笑顔やありがとうの言葉をいただいた時にとてもやりがいを感じています。

職場の雰囲気はどうですか?

 女性スタッフが多く、とても明るい職場です。上司にも相談しやすい環境でスタッフ同士も仲が良いので、先輩後輩関係なく意見を出しやすく、互いを尊敬し協力し合っています。

仕事で苦労した経験はありますか?それに対してどのような工夫をしましたか?

 当院では1日にたくさんの方が受診しに来られます。通常の外来業務を行いながら、個人での仕事も行わなければなりません。忙しい中で一つ一つの仕事をすばやく正確に行うためにも日々勉強し、少しの疑問もそのままにせず先輩や上司に相談するようにしています。

今後の目標をおしえてください。

 事務スタッフの中には先輩職員でリーダーの方がいます。リーダーは皆に頼られ様々な質問や相談にもいつも的確な答えやアドバイスを返されます。私はそのリーダーのことをとても尊敬しており憧れています。私もそのような存在になれるようにより多くの医療事務の知識を身に付け、自分自身をスキルアップさせていこうと思います。

就職希望者へのメッセージ

 私はアルバイトなど社会経験も少なく、また物事を器用にこなすことが苦手です。けれども、部活動を通して身に付いた「何事にもめげない力」で、今仕事をしていく中で様々な問題にぶつかっても乗り越えることができています。就職してからも頑張れるか不安を抱いている方も大丈夫です。何事にもめげずに、一緒に大道会で働きましょう!
また、医療事務の仕事を希望するにあたっては、自分である程度の保険の知識などを身に付けておくことも大切だと思います。

 

 

先輩の声②

森之宮病院診療部地域医療連携室
事務一般職
大平さん

担当している業務について教えてください。

 現在、森之宮病院の地域医療連携室に勤務しています。地域医療連携室は他医療機関との病病連携や病診連携を行っており、まさに病院の顔と言っても過言ではありません。その中でも主に前方連携をメインとしており、医療機関や介護施設から受診や検査の予約を電話で受けたり、緊急入院依頼があればベッドコントロール担当者や医師と相談をし、受入れ調整をしています。また当院で対応が難しい疾患、専門的治療が必要な際には、他医療機関への受診予約調整をしたり、場合によっては緊急転院調整なども行っています。その他には、患者さんに近隣の開業医の先生を紹介したり、患者さんが持参した診療情報提供書を元に毎月の紹介件数を把握、診療情報提供書の保管などもしています。

大道会に就職したきっかけを教えてください。

 私は幼い頃より親に付き添って病院へ行く機会が多く、病院の職員と関わることがよくありました。まず病院に来て、患者さんが一番最初に接するのは受付に立っている職員です。不安を抱えた患者さんに対して、優しく笑顔で接し、診察を終えて帰る時に受付で『ありがとう』と笑顔で帰っていく患者さんの姿を見た時、自分も同じように少しでも患者さんの不安な気持ちを和らげることができたらいいなと思い、医療秘書の専門学校へ進学しました。そこで医療事務に必要なことを学び、病院実習を通じて実際に患者さんとふれあい、実習生だった私に『ありがとう』と言ってくださる患者さんが居て、すごく嬉しくなったことを憶えています。大道会へ就職したきっかけは、専門学校の求人に大道会からの募集があり、知人からの薦めもあったので、ぜひ大道会で働きたいと思い応募しました。医事課での勤務ではなかったのですが、ご縁があり、病棟MSとして入職することとなりました。

仕事のやりがいはどのような点ですか?

 新卒入職し、大道病院、ボバース記念病院、森之宮病院の病棟MSとして勤務したのち、7年前より現在所属している地域医療連携室で勤務しています。病棟で勤務していた時は、主に看護師の事務作業の補助や、医師へ退院時の書類作成依頼、患者さんへ書類をお渡しするといったルーチン業務が多かったですが、地域医療連携室では、院内はもちろんのこと、院外との関わりも非常に多く、刻一刻と状況が変化してしまうこともあるため、時間との戦いのような部分もあります。特に救急受診、緊急入院依頼や転院依頼などは院内調整を素早く行い、先方へ受入れ可否の連絡を短時間の間に行わないといけません。一番やりがいを感じるのは、開業医の先生から救急受診の依頼を頂き、院内調整を素早く行い、救急受診後、そのまま緊急手術に繋がった時に開業医の先生から『森之宮病院の地域医療連携室に連絡して良かった。患者さんを助けてくれてありがとう』と言われた時です。事務員である私でも患者さんを助ける手助けが出来るんだなと思うと、もっと頑張ろうという気持ちになります。

職場の雰囲気はどうですか?

 地域医療連携室は女性ばかりの職場ですので、明るく、賑やかです。毎朝ミーティングで入院や転院調整など、現在調整中の業務内容の申し送りなどを行い、誰が連絡を受けても分かるよう情報共有をしっかり行っています。スタッフの知識向上に繋がるよう、月1回連携室内で勉強会を開催しています。業務を進めていく中で、一人では解決出来ない場面に出くわすことがありますが、スタッフ間できちんと相談ができる体制にあり、各自で意見を出し合ったり、他部署と関わることも多いため、時には他部署の力も借りながら、業務を進めています。また、地域医療連携室内では、お互いの業務をカバーし合っていることもあり、結婚後も今までと変わらず仕事を続けることができています。

仕事で苦労した経験はありますか?それに対してどのような工夫をしましたか?

 開業医の先生から入院依頼の連絡を頂いた時、基本的にはその日の救急担当医へ相談をしますが、症状によっては、最初から専門の診療科医師へ相談したりします。例えば消化器疾患での受け入れ依頼があった際、緊急カメラなどの内視鏡的な治療が必要となる場合のことも考え、救急担当医ではなく消化器内科へ相談をしています。しかし、曜日によっては医師不在の時などもあり、受入れが難しい場合もありますが、開業医の先生から『何件もあたったが断られ続けているから、どうしても受け入れて欲しい』と言われると、どうすれば良いか対応に悩みます。何とかして救急受入れができないものかと知恵を絞り、外来看護師や内視鏡担当看護師へ相談をしたり、消化器外科で対応して貰えないか医師に相談をしたり、一旦救急担当医で診察をし、緊急で内視鏡治療が必要となった際は他院へ転送するなど、いくつかの選択肢を考え、開業医の先生の思いに寄り添えるように一番どの方法にするのが良いのかを考慮しながら対応をします。

今後の目標をおしえてください。

 連携室では院内医師や看護師はもちろん、他施設の医師や様々な職種との関わりが非常に多く、連携室で勤務する上で最も重要なことは、人と人とのコミュニケーションを円滑に図り、調整を行うことであると思っています。これからも開業医の先生に『森之宮病院の地域医療連携室に連絡すれば安心』だと信頼して貰える連携室であり続けるよう、迅速に調整するよう努力していきたいと思っています。また今は患者さんが病院を選ぶ時代でもあります。入職当時の気持ちを忘れず、親切、丁寧を心掛け、地域の皆さんに愛され、信頼して頂ける病院にしていきたいと思います。

就職希望者へのメッセージ

 病院の仕事は、毎日同じことの繰り返しとはいきません。イレギュラーなことが起こり、上手くいかなくて戸惑ったり、時には患者さんや院内外の先生からお叱りをうけたりし、落ち込むこともあります。でも、それ以上に患者さんに『ありがとう』という言葉を頂ける喜びは、仕事をする上で大きな活力となります。悩んだ時は、必ず助け合える仲間がいます。一人でも多くの患者さんを笑顔にし、これからも地域の皆さんに愛され、信頼して頂ける病院となるよう一緒にがんばりましょう。

 

イベント

見学会

 現在、見学会の予定はありません。

 

募集要項

新卒採用

 ■新卒事務一般職(平成29年3月卒)
採用人数 若干名
就業場所

森之宮病院

 ※将来的に院内の各部署や法人内の他施設への転勤の可能性があります。

応募資格 専門学校・短期大学・大学を平成29年3月に卒業見込みの方
雇用形態 常勤職員
業務内容

医療事務(レセプト作成など)

給与等

初任給(基本給+住宅手当)

 4大卒 180,000円
 短大卒・専門卒(2年課程) 170,000円
 専門卒(1年課程) 167,800円
諸手当 住宅手当・通勤手当 等
賞与 年2回(7月・12月 昨年実績3.9ヵ月)
昇給 年1回
退職金制度 あり(勤続3年以上)
勤務時間

(月~金)8:30~16:45(休憩時間60分)

(土)8:30~12:30(休憩時間60分)

休日休暇 勤務以外の土曜日(月1~2回程度)、日曜日、祝日
年末年始休暇、有給休暇、夏期休暇
福利厚生・保険 各種社会保険完備
大阪府病院厚生年金基金
 ■応募方法・選考について
応募方法

下記の「新卒採用エントリーフォーム」から応募申込を行ってください。

新卒採用エントリーが完了しましたら、

[1]履歴書 [2]成績証明書 [3]卒業見込証明書 [4]健康診断証明書を下記の書類送付先に郵送してください。
封筒には必ず「新卒事務一般職応募」と朱書きしてください。

※平成28年12月13日(火)必着

※書類選考後、筆記・論文・面接試験日までに選考結果を担当者よりご連絡いたします。

→申し込みを締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。

書類送付・連絡先

〒536-0023 大阪市城東区東中浜1丁目5番1号
社会医療法人大道会 本部管理部人事課 採用担当 宛
 担当:大平(おおひら)・青木(あおき)
TEL:(06)6962-2255(人事課直通)
E-mail:jinjika24@omichikai.or.jp

選考方法・試験日程(予定)

1次選考:書類選考 12/13(火)必着
2次選考:筆記・論文・面接試験 12/21(水)13:30~17:00ごろ
3次選考:最終面接 12/27(火) 午前

 

中途採用

採用人数 2人
就業場所

森之宮病院

 ※将来的に院内の各部署や法人内の他施設への転勤の可能性があります。

雇用形態 準職員
業務内容

医療事務(レセプト作成など)

給与等 195,000円~210,000円
諸手当 通勤手当(50,000円まで)
賞与 年2回
昇給 年1回
勤務時間

(月~金)8:30~16:45(休憩時間60分)

   (土)   8:30~12:30(休憩時間60分)

休日休暇 土曜日(月2回程度)、日曜日、祝日
年末年始休暇、有給休暇、夏期休暇
福利厚生・保険 各種社会保険完備
大阪府病院厚生年金基金
 ■応募方法・選考について
応募方法

下記の「キャリア採用エントリーフォーム」から応募申込を行ってください。

キャリア採用エントリーが完了しましたら、

[1]履歴書 [2]職務経歴書を下記の書類送付先に郵送してください。
封筒には必ず「事務一般職(森之宮病院医療事務)応募」と朱書きしてください。

※平成29年6月7日(水)必着

※書類選考後、面接試験日までに選考結果を担当者よりご連絡いたします。

書類送付・連絡先

〒536-0023 大阪市城東区東中浜1丁目5番1号
社会医療法人大道会 本部管理部人事課 採用担当 宛
 担当:三浦(みうら)・大平(おおひら)・青木(あおき)

TEL:(06)6962-2255(人事課直通)
E-mail:jinjika24@omichikai.or.jp

 

  1. 社会医療法人大道会
  2. 採用情報
  3. 事務一般職