お知らせ

外来リハビリテーションのご案内

2021.07.05

感染対策

患者さん・セラピスト相互の感染予防のため以下のような対策、制限を設けております。

 

①担当のリハビリテーションスタッフは、マスク・フェイスシールドなどの感染防護を行います。

 

②リハビリテーション前後に使用器機の消毒と換気を行います。

 

③リハビリテーション室が密にならないよう治療人数を制限しています。

 

④患者さんおよび付き添いの方にマスクを着用していただきます。リハビリ施行中は常にマスク装着(2歳未満・マスク着用困難なことをお申し出いただいている方を除く)をお願いします。マスクを外す際にはいったんリハビリを中断させていただきますので、ご了承お願い致します。

 

⑤入館時に問診と体温測定を行い、体調が悪い方、体温が平熱よりも1℃以上高い方にはお休みいただきます。

 

⑥COVID-19のPCR検査陽性であった方と濃厚接触があった場合、14日間の経過観察期間はお休みいただきます。

 

⑦市中感染拡大の状況により、治療時間を変更させていただく可能性がございます。

 

上記①~⑦の対応に加え、下記に該当する方には個別の部屋にてリハビリテーションを行います。ご用意できる部屋には限りがあるため、リハビリテーションを行う曜日や時間を固定とさせていただきます。今までのように変更(振り替え)はできませんのでご了承ください。

  • 日常的に痰や唾液の吸引が必要な方(エアロゾル感染の可能性が高いため)
  • リハビリ中にマスクをつけておくことができない方
  • その他、上記の感染予防策が受け入れ困難な方
 

通院時のお願い

①下記の方(ご本人と付き添いの方)は来院をご遠慮ください。

  • 発熱・体調不良の方
  • 咳、のどの痛みの症状のある方
  • 下痢、嘔気・嘔吐などの症状のある方
  • 同居のご家族に新型コロナウイルスに感染されている方がおられる、もしくは濃厚接触者の方がおられる場合
  • ご本人もしくは同居されている方の学校、職場などで新型コロナウイルスに感染された方がおられ、休校や休業となり自宅待機の指示があった場合

 

②来院時は、ご本人・付き添いの方ともに必ず手指消毒・マスク着用(2歳未満・マスク着用困難なことをお申し出いただいている方を除くを除く)をお願いします。マスクはできるだけ市販されているウイルス除去できるタイプのものをお願いします。ご準備が難しい場合は、手作りのものでも結構です。

 

③ご家族(兄弟を含む)・付き添いの方はできるだけ最小限(1人・介助が必要な場合2人)でお願いします。

 

④来院時はなるべく自家用車や介護タクシーを使っていただくようお願いします。

 

 

リハビリ回数に関して

上記のように感染対策を講じながら外来リハビリテーションを行っているため、開始をお待ちしていただく期間が長くなりご迷惑をおかけしております。今年度も1クールの回数と期限を設定させていただき、下記のように致します。現状をご理解いただき、できるだけ多くの方に短い待機期間で必要なリハビリテーションを提供できるよう、ご協力のほどよろしくお願いいたしぃます。

尚、今後の状況により変更の可能性がございます。変更の際には再度ご案内いたします。

 

  頻度 回数 期限

通常

週1回 10回

リハビリ初回開始日より13週以内
(個室を使用する場合は16週以内)

月1回 6回 リハビリ初回開始日より6ヶ月

ボツリヌス療法後

週1回 6回

リハビリ初回開始日より8週以内
(個室を使用する場合は10週以内)
(最大、ボツリヌス毒素注射後4ヶ月以内)

※ボツリヌス療法後のリハビリテーションは、注射日を起点とした期間制限があるため、通常のリハビリテーションより開始を優先させていただいております。そのため、通常のリハビリテーションをお待ちしていただいている間にボツリヌス療法を行い、お待ちいただいている同じ科目(理学療法か作業療法)の外来リハビリテーションを開始する場合には、回数を10回ではなく6回に変更し施行させていただきます。

 

患者さん、ご家族の皆様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

  1. ボバース記念病院
  2. お知らせ
  3. 外来リハビリテーションのご案内