新着情報

タイ政府より視察団が来ました

2019.03.05

 2月20日(水)タイ政府の社会開発・人間安全保障省より、アナンタポン カンシャナラット大臣をはじめ、7名の視察団が来られました。
 社会開発・人間安全保障省は、社会開発、家庭・地域における福祉、人間安全保障に関する施策を担当する省庁です。日本での高齢者介護や地域住民との繋がりについて知りたいとのご依頼を受け、今回の視察となりました。

 

 施設内を見学された際は、居室の構造に興味深そうに見ておられました。また、通所介護(デイサービス)ではご利用者の皆様のゲームや認知症対応型通所介護(デイサービスあかね)の家庭的な室内をご覧になり、たくさんの質問をされたり写真を撮られたりしていました。

 

 カンシャナラット大臣(中央)と記念撮影

 

 視察の後半では、地域と事業所との関わりについてプレゼンテーションをしました。森之宮病院の「こもれびカフェ」の紹介を森之宮病院診療技術部 奥村副部長より、サンローズオオサカのある宝栄地域のイベント「ほうえいさんぽ♪」の紹介を東陽地域総合相談窓口(ブランチ)の横田課長より行いました。

 質疑応答の時間では、介護施設に対しての国の施策はあるのかとご質問をいただき、畑施設長より介護職員処遇改善費の説明を行いました。

 最後にカンシャナラット大臣より記念品をいただきました。外国からの視察は初めてでしたが、高齢者福祉に取り組まれる様子は共通課題だと感じました。受け入れる側も有意義な時間を過ごすことができました。

                                         (サンローズオオサカ 事務課 川原)

 

施設見学の様子

奥村副部長による「こもれびカフェ」の説明

  1. 特別養護老人ホーム サンローズオオサカ
  2. 新着情報
  3. タイ政府より視察団が来ました