ごあいさつ

明るく活発な若い職員とともに、入所者や利用者の健康管理に努めています。

グリーンライフは平成10年に創設された、伝統ある介護老人保健施設です。当施設では、日常生活の手助けを行うための主力である介護福祉士や、ケアにも看護にも経験が豊かな看護師を、法定人数以上に配置しています。
また、当法人の強みであるレベルの高い理学療法士や作業療法士の人数が多く、身体機能や生活機能の向上のためのリハビリテーションに力を入れています。

医師や看護師、介護福祉士、リハビリスタッフ、薬剤師、管理栄養士、支援相談員など多くの専門職が協力して、入所されている方やデイケアを利用される方々の身体的、精神的なサポートを積極的に行っています。


グリーンライフ施設長
濱田 和孝

介護老人保健施設は医療施設ですが、医療保険は一部の疾患以外には使用できません。そのため、高度な医療機器による検査は行えませんが、日頃から入所者と会話しながら状態を観察し、聴診器と視診、触診のみで病気を診断することが「医療の原点である」と認識して、毎日を働いております。

全職員が一丸となって、ご利用者がお元気になられるように、そして何よりも住み慣れたご自宅での生活に戻れるように努力いたしますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

施設長経歴

昭和38年3月

大阪市立大学医学部卒業

昭和39年3月

大阪市立大学医学部附属病院にてインターン終了

昭和44年3月

大阪市立大学医学部大学院医学専攻科修了

昭和44年4月

ザールランド大学医学部助手(産婦人科)

昭和46年4月

大阪市立大学医学部助手(産婦人科)

昭和51年4月

大阪市立大学医学部講師

昭和53年4月

和泉市立病院産婦人科部長

昭和55年4月

大阪市立大学医学部講師

昭和57年7月

ウィーン大学第一産婦人科教室出張

昭和58年12月

大阪市立城北市民病院産婦人科部長

平成1年4月

大阪市立城北市民病院副院長

平成5年4月

大阪市立住吉市民病院副院長

平成7年4月

大阪市立住吉市民病院院長

平成10年4月

聖バルナバ病院院長

平成16年7月

聖バルナバ病院名誉院長

平成22年8月

社会医療法人大道会 介護老人保健施設グリーンライフ施設長

 

公職経歴

  • 元 大阪府医師会理事
  • 元 大阪府医師会監事
  • 元 日本医師会代議員
  • 元 日本医師会勤務医委員会委員長
  • 元 大阪地方裁判所調停委員
  • 大阪地方裁判所専門委員
  • 社会医療法人大道会理事
  1. 介護老人保健施設グリーンライフ
  2. 施設のご紹介
  3. ごあいさつ