リハビリテーションの特徴

グリーンライフでのリハビリテーションは、神経発達学的知識と技術を基に心身機能や生活状況を考慮した自立支援を行います。

また、リハビリスタッフがご自宅を訪問し、生活動作や家屋環境を確認して、ご家族や介護の方と支援方法を検討します。
実際の生活場面で動作確認することで、リハビリテーションの目的や目標が明確になり、チームでより効果的なサービスを提供できます。

入所


 
  • 入所時、退所前、退所後にご自宅を訪問し、家庭での住宅環境を確認し、福祉機器や住宅改修のご利用も含めて支援します。
     
  • 自宅および病院から入所の場合、3ヶ月間は日曜日を除いて、毎日リハビリスタッフが個別リハビリテーションを実施します。
     
  • 入所より3ヶ月間は週に3回まで認知症に対するリハビリテーションを状況に合わせて実施します。
     
  • 介護スタッフとリハビリスタッフが一緒に日常生活場面での介入を検討します。合わせて、必要な要素を取り出して自主練習として実施できるように支援します。

 

通所リハビリテーション(デイケア)


  • 開始時にご自宅を訪問し、家庭での住宅環境を確認し、福祉機器のご利用も含めて支援します。
     
  • リハビリ会議を定期的に開催することで、ご利用者・ご家族・ケアマネジャー・訪問看護・訪問介護や通所リハビリ医師・リハビリスタッフなどの関連職種で今後のことを話し合い、より効果的な支援を実施します。 また、必要に応じてご自宅を訪問し介助方法やリハビリの説明をします。
     
  • 病院から退院、施設からの退所、介護認定後より3ヶ月間は毎回、リハビリスタッフによる個別リハビリテーションを40分間実施します。
    介護認定より4ヶ月以降や、自宅におられての利用の場合は、毎回リハビリスタッフによる個別リハビリテーションを20分間実施します。
     
  • 開始より3ヶ月間は週に2回まで認知症に対するリハビリテーションを状況に合わせて実施します。
     
  • 介護スタッフとリハビリスタッフが一緒に日常生活場面での介入を検討します。合わせて、必要な要素を取り出して自主練習として実施できるように支援します。

※リハビリの実施時間などは、変更になる場合があります。詳細は、支援相談員までお問い合わせください。

 

 

  1. 介護老人保健施設グリーンライフ
  2. 施設の特徴
  3. リハビリテーションの特徴