新着情報

グリーンライフは2019年8月から「在宅強化型老健」になりました

2019.09.02

【在宅強化型老健とは】

2018年度の介護報酬改定にて、介護老人保健施設は、「その他型」「基本型」「加算型」「強化型」「超強化型」の5種類に区分されました。強化型や超強化型は、厚生労働省が定める要件を満たした在宅復帰・在宅支援機能が高いと認められた介護老人保健施設のことです。

 

【強化型老健となったグリーンライフができること】

在宅支援を充実させます

グリーンライフで働く介護職員をはじめとした全ての職員が、ご利用者の在宅支援への意識を高めています。各職種が利用者とご家族を含めた1つのチームとなり、方向性の確認、自宅訪問などの細かなスケジュールを立案・実行していきます。

 

様々なリハビリを実施します

介護の状態・認知症・障がいの程度に関わらず、個々の課題や必要性に合わせて、充実した個別リハビリを実施します。各職種とチームで連携し、機能回復、社会参加を促し、在宅支援・自立支援を行います。

 

医療ニーズ・看取りに対応します

在宅復帰・支援に向けて、医療依存度が高い方についても、ご家族としっかりとコミュニケーションをとり、ご利用者それぞれの方向性を一緒に考えさせていただきます。その中で、施設内での看取り看護もご家族と一緒にさせていただいております。

 

地域に貢献する活動を積極的に行います

2016年から月に1回認知症カフェとして「よつ葉カフェ」を実施しております。認知症の方やそのご家族だけではなく、地域の方どなたでも参加が可能です。また、当施設各サービスのご利用者・ご家族へ、年2~3回の家族交流会を開催し、在宅支援をはじめとした様々な情報提供と共有の場をつくっております。

 

 

これからも、グリーンライフは『安心して自立した在宅生活がつづけられる支援』という施設理念に基づき、日々ご利用者・ご家族へのケア向上に努めてまいります。

 

※在宅強化型老健へ移行後も、長期入所(1年程度)や特別養護老人ホームなどのご意向がある方についてもご利用可能です。通所リハビリや訪問介護などの各種サービスも随時受け付けております。まずは、支援相談員(中島・篭谷)までご相談ください。

〔電話:06-6965-0666〕

  1. 介護老人保健施設グリーンライフ
  2. 新着情報
  3. グリーンライフは2019年8月から「在宅強化型老健」になりました