薬剤師

薬剤師

仕事内容

 外来患者さんに対しては院外処方せんを発行しているため、主な業務は入院患者さんに対しての取り組みとなります。病棟での活動が中心となっており、病棟担当薬剤師を配置し、医師や看護師、その他のスタッフと連携をとりながら、個々の患者状態に応じた指導や薬学的管理を行っています。また、褥瘡、感染管理、栄養療法などの回診に参加し、チームで患者ケアに携わります。また、森之宮病院では休日・夜間の救急患者さんに対しても24時間体制で対応しています。 がん化学療法においては、入院・外来ともにレジメン管理、混合調製、患者さんへの指導を行い、安心・安全な抗がん剤治療を受けていただけるよう努めています。 薬学実習生の受け入れも行っており、実習生への指導を通して、自分たちの業務を見直す機会になったり、指導力の向上にも役立っています。 特殊な業務としては、PET画像センターの森之宮クリニックでの業務があり、主にPET/CT検査に使用するFDGという薬剤の合成後の品質検査を行なっています。

   

教育体制・キャリアパス

 当法人は大学病院のように規模は大きくありませんが、その分各個人のレベルに合わせた小回りの利く教育スケジュールを組んでいます。
 通常、入職時はまず調剤業務を一通りマスターできるよう約半年かけて現場でのOJTにあたり、またこの間に薬品管理業務等についても身につけてもらいます。森之宮病院では当直業務もあり、11月頃から従事することになります。その後科内の全体的な流れが把握できたら、施設や個人により差はありますがおおよそ2年目から薬剤管理指導業務に従事します。当初は指導者立会いのもと行うことにより各担当者間の服薬指導内容のギャップをなくすよう努めています。ここ数年、スタッフ数も充実してきており、病棟業務をはじめ今まで十分手掛けられなかった色々な業務に着手し始めています。そのため、スタッフのキャリアアップの意欲も高く、科内勉強会や外部講習会へも積極的に参加しています。
 また別途法人としての教育制度もあります。全職種集まっての入職時の新人研修やその後のフォローアップ研修、2年目研修などを行うことにより、医療業界の知識の習得や課題解決能力を身につけることができます。また、今は未だ定期的な法人内異動はできていませんが、法人内には様々な特徴をもった施設がありますので、各施設を経験することにより幅広い視野を持って業務を行っていけるよう近い将来実現していきたいと考えています。

 

先輩の声①

森之宮病院診療技術部薬剤科
薬剤師
北村さん

担当している業務について教えてください。

 調剤業務全般、在庫管理業務、病棟業務、薬剤管理指導業務を行なっています。それに加えて、抗がん剤のミキシングや外来で化学療法の始まる患者さんに初回指導などを行なっています。入職3年目の時はPET画像センターである森之宮クリニックの業務支援に月2回勤務していました。

 

大道会に就職したきっかけを教えてください。

 入院患者さんの名前が大体わかるような規模の病院で働きたかったこと、当直、抗がん剤のミキシング、薬剤管理指導業務など色々な業務を一通りできると思ったからです。また、病院見学をした時に施設がきれいで、職場の雰囲気がとても良かったこと、大学時代の同期が当院で実習を行なっていたので様々な話を聞くことができ、自分もこの病院で働きたいと思いました。

仕事のやりがいはどのような点ですか?

 いろいろな業務を日々ローテーションしているので、いろんなことを勉強していかないといけないことです。担当する病棟も交代があるので、病棟ごとに特色があり、病棟によって多く受け入れる診療科が違うので、勉強になります。

職場の雰囲気はどうですか?

 皆さん親切で優しいです。わからないことがあったらどなたも丁寧に教えて下さいます。旅行好きが多いので各地のお土産が充実していて、お昼休憩のおやつに困りません。 定時に帰れることも多いので、勉強会に参加したり、習い事に行ったりする時間の余裕もあり、仕事でもプライベートでも充実しています。

仕事で苦労した経験はありますか?それに対してどのような工夫をしましたか?

 病棟で、患者さんからの訴えに対して医師・看護師から相談がある際に、自分1人では判断できないことも多く、先輩方に相談してから医師に提案しています。経験が浅くわからないことが多々ありますが、先輩方に適切なアドバイスをもらって日々乗り切っています。

今後の目標を教えてください

 薬剤師としての専門性やコミュニケーション能力を高め、他職種と連携しながら医師の処方支援、副作用モニタリング、薬剤管理指導業務等を通して患者さんに安全で適切な薬物治療を提供できるようになりたいです。

就職希望者へのメッセージ

 薬剤師の業務は今後も拡大していくと思います。当法人は時代の流れに柔軟に対応していける組織だと思います。また、院内勉強会も定期的に行われており、院内全体でスキルアップを図っています。一緒に働いて薬剤師として成長していきましょう。

 

先輩の声②

ボバース記念病院診療技術部薬剤科
薬剤師
西野さん

担当している業務について教えてください。

 入職当初は調剤室での調剤業務からスタートし、薬品の発注や納品などの在庫管理業務など行いました。一年目後半からは病棟へ出向いて、先輩付き添いの下で入院患者さんの服薬指導に従事し、徐々に担当患者を増やしていき一連の薬剤管理指導業務を行っています。 2年目に入ってからは、これらにプラスして病棟常駐専任薬剤師としての独り立ちに向け、病棟で行われる申し送りへ参加、常駐薬剤師に付いて患者情報収集や情報提供等の補助的業務を担っています。

大道会に就職したきっかけを教えてください。

 調剤業務だけでなく、様々な業務を早い段階から経験できる環境を希望していたので、中規模病院を選びました。患者さんや他職種の方と直接関わりやすく、薬剤師の仕事にやりがいを感じ、仕事に対する意欲も増すと思ったからです。また大道会では、新人研修やフォローアップ研修、2年目研修など、全職種交えた研修制度が定期的に用意されており、他職種連携を大切にしている点も魅力のひとつだと思いました。

仕事のやりがいはどのような点ですか?

 患者さん・ご家族の中には服薬内容をあまり理解されずに入院されてくる方もおられます。そのような方々に、ひとつひとつ薬情報を提供し、ご自身の病態等も含め理解した上で服薬して頂けていると実感した時に、小さなことですがやりがいを感じます。また入院中の病棟訪問時や、退院後の外来受診の際に、笑顔で声をかけてくださった時や感謝の言葉を頂いた時は、何よりも嬉しいです。

職場の雰囲気はどうですか?

 とてもアットホームで風通しの良い職場だと思います。薬剤科では毎日のミーティング、月2回のDIカンファレンスを行い、患者情報や薬剤情報など、細かな情報まで全員で共有することを心がけています。そのため、患者さんの病態や薬剤のことなどで分からないことや不安なことなどがあれば、薬剤科内の誰にでも相談でき、一緒に対応策を考えられる環境が整っています。なので、ひとりで抱え込むことがなく、働く側にとっても患者さん側にとっても安心できる環境だと思います。また、薬剤科だけでなく、病院全体がとてもアットホームな雰囲気で、職員旅行やボウリング大会など、全職種集まってのイベントも年数回あります。

仕事で苦労した経験はありますか?それに対してどのような工夫をしましたか?

 患者さん・ご家族からの病態等のヒアリングは、薬剤管理指導業務において最も大切な仕事の一つですが、それが難しいケースもあります。なかなか口を開いてくれない方や、病態上本人とのコミュニケーションが難しい場合もあります。そういった場合には、こまめにベッドサイドに足を運びコミュニケーションを頻繁に取るよう心がけ信頼関係を構築するよう努めます。またご家族が同席されている時に指導を行うようにしています。また、検査データやカルテから病態を確認するだけでなく、患者さんの一番近くにいる看護師から情報を収集することも心がけています。

今後の目標をおしえてください。

 まずは、患者さん・ご家族や一緒に病棟で働く医療スタッフから信頼してもらえる薬剤師になることが目標です。そのためには、患者さん・ご家族や他の医療スタッフからの問い合わせに対する答えだけでなく、何に困っているのか、何を求めているのかに気づき、返答だけでなく提案等までできる能力を身に付ける必要があると思っています。また、院内では、誤嚥性肺炎や尿路感染などの感染症に罹られる患者さんが多いため、抗菌薬の適正使用に貢献できるよう感染症、抗菌薬ついての知識を深めていきたいと思っています。

就職希望者へのメッセージ

 医師の処方意図を患者さん・ご家族に理解してもらうことや、逆に患者さん・ご家族の訴えを医師に伝えることも薬剤師の大切な仕事なので、患者さん・ご家族と医師との薬に関する橋渡しの役割を担っているのが薬剤師だと思います。特に当院のような中小病院では、患者さん・ご家族、医師・その他多種多様な医療スタッフとも直接関わりやすい環境にあります。毎日新しい発見があり、患者さん・ご家族に寄り添った仕事ができる点が魅力だと思います。また、感染防止やNSTなどの委員会活動への参加など、様々な業務があるので、将来自分の勉強したい分野を見つけられるのではないかと思います。

 

見学会

薬剤師 病院見学会のご案内

 

対象者 大学・大学院を平成29年3月に卒業見込みの方、既卒者
開催日時

随時開催しております。

会場

・森之宮病院

 大阪市城東区森之宮2丁目1-88

プログラム(予定)

  • 森之宮病院職場見学、ボバース記念病院職場見学
応募方法

下記のフォームからお申し込みください。

※自動返信メールが届いた後に、人事課より改めてメールでご連絡させていただきます。自動返信メールや人事課からのメールが2~3日程度経っても届かない場合は、人事課(06-6962-2255)までお電話ください。

お問い合わせ先

社会医療法人大道会 本部管理部人事課
 担当:青木(あおき)・大平(おおひら)・上野(うえの)
TEL:(06)6962-2255(人事課直通)
E-mail:jinjika24@omichikai.or.jp

募集要項

新卒採用

 ■新卒薬剤師(平成29年3月卒)
採用人数 若干名
就業場所

・森之宮病院

・ボバース記念病院

 ※どちらかの配属になります。
 ※法人内の他施設への異動があります
雇用形態 常勤職員
給与等

初任給(基本給+資格手当+住宅手当)

247,000円

諸手当 時間外勤務手当、通勤手当、住宅手当、当直手当(森之宮病院)
賞与 年2回
昇給 年1回
退職金制度 あり(勤続3年以上)
勤務時間

(月~金)8:45~17:00 (休憩時間60分)

 (土) 9:00~13:00

休日休暇 土曜(月2回)、日曜、祝日
年末年始休暇、有給休暇、夏期休暇 特別休暇 等
福利厚生・保険 各種社会保険完備
大阪府病院厚生年金基金に加入、互助会、退職金制度有
 ■応募方法・選考について
選考方法

課題論文・適性検査・面接

応募方法

  1. 下記の「新卒採用エントリーフォーム」から応募申込を行ってください。
  2. 新卒採用エントリーフォームへの応募申込の後、[1]履歴書 [2]成績証明書 [3]卒業見込証明書 [4]健康診断証明書を下記の期日までに書類送付先に郵送してください。

※封筒には必ず「新卒薬剤師応募」と朱書きしてください。

※随時応募可能です。個別に面接を調整します。

書類送付・連絡先

〒536-0023 大阪市城東区東中浜1丁目5番1号
社会医療法人大道会 本部管理部人事課 採用担当 宛
 担当:青木(あおき)・大平(おおひら)・上野(うえの)
TEL:(06)6962-2255(人事課直通)
E-mail:jinjika24@omichikai.or.jp

 

 

中途採用

就業場所

・森之宮病院

・ボバース記念病院

 ※どちらかの配属になります。
 ※法人内の他施設への異動があります
雇用形態 常勤職員
給与 経験・能力等考慮の上、当法人規定により優遇いたします。
諸手当 時間外勤務手当、通勤手当、住宅手当、当直手当(森之宮病院)
昇給 年1回
賞与 年2回
勤務時間

(月~金)8:45~17:00 (休憩時間60分)

 (土) 9:00~13:00

休日休暇 土曜(月2回)、日曜、祝日
年末年始休暇、有給休暇、夏期休暇 特別休暇 等

福利厚生・保険

各種社会保険完備
大阪府病院厚生年金基金に加入、互助会、退職金制度有

応募方法
応募方法

[1]履歴書 [2]職務経歴書を郵送してください。
封筒には必ず「薬剤師応募」と朱書きしてください。
書類選考後、ご連絡いたします。

書類送付・連絡先

〒536-0023 大阪市城東区東中浜1丁目5番1号
社会医療法人大道会 本部管理部人事課宛
TEL(06)6962-2255(人事課直通) 担当:青木・大平

 

 

  1. 社会医療法人大道会
  2. 採用情報
  3. 薬剤師