医療ソーシャルワーカー

医療ソーシャルワーカー

仕事内容

 大道会には、医療ソーシャルワーカー(以下、MSW)を配置している施設が3つあります。急性期医療・回復期リハビリテーション・障害児リハビリテーションを担う森之宮病院、地域医療・回復期リハビリテーション・障害者リハビリテーションを担うボバース記念病院、そして地域住民の在宅復帰および在宅療養支援を担う介護老人保健施設グリーンライフです。
 それぞれの施設でMSWが行う共通の業務は、受診者・利用者の生活支援です。病気やけがに関連して起こる心理社会的問題について、受診者・家族が主体的に解決できるよう援助していくのが、私たちの仕事です。救急受診などに伴う突発的な相談依頼への対応の他、リハビリテーション等を希望される方への支援は、入院・入所の相談対応から始まり、受入れ決定後のインテーク面接、入院・入所中のあらゆる相談への対応(社会資源の紹介を含む)、退院支援などを行っています。退院・退所後も、引き続き通院や通所でのかかわりをもつことが多いボバース記念病院やグリーンライフでは、入院・入所時に担当した方と何年もお付き合いさせていただくケースも少なくありません。
 その他、病院では、「患者サポート体制」といって、受診者・家族からの病気に関する医学的な質問や、生活上・入院上の不安等、様々な相談に対応する窓口としての機能を医療相談室が担っています。そのため、受診者・家族からの苦情・ご意見を含む相談があれば話を伺い、関係部署と連携して対応していきます。
 上記のようないわゆるミクロ領域のソーシャルワークは、どの施設でも共通して行っていますが、他にもそれぞれの施設の機能に合わせた特色のある業務を行っています。

 森之宮病院では、地域の会議への参加や脳卒中医療連携ネットワーク等のネットワーク育成の基幹的な役割、公的機関への働きかけなど、メゾ・マクロ領域のソーシャルワークを実践していることが特色です。

 

 ボバース記念病院では、入退院の調整にかかわる「予約入院管理業務」や、他院への受診調整等を行う「地域医療連携業務」、院内で実施している介護保険事業や障害福祉サービスに関する業務も担っています。

 

 グリーンライフでは、地域に根差した施設として認知されるよう、地域住民との交流や、他のサービス提供機関へ出向いて連携を図る努力も行っています。

 大道会では、法人内の各施設を異動により経験できる仕組みもあります。それぞれの施設のソーシャルワーカーは事あるごとにそれぞれの施設の状況を共有し合い、ともに相談し合いながら、質の良いソーシャルワークを皆さんに提供できるよう取り組んでいます。

教育体制・キャリアパス

 大道会では、社会福祉士がその知識を活かしてソーシャルワークを実践できるよう日々のスーパービジョン等を通してサポートしています。なお、各種研修の受講を支援するなど、学びたい人を後押しできる体制があります。

院外研修

 初任者には、大阪医療ソーシャルワーカー協会の初任者研修の受講を勧めています。現場で活用できる知識を習得できるほか、他院のSWとのグループワークなども体験でき、ピアサポートを得ることができます。その後も経験に応じたスキルを学べるように院外研修の受講を勧めています。なお、経験者は院外研修の講師も務めています。
(2014年度に森之宮病院SWが院外研修に参加した回数:50回)

院内研修

 入職時は、法人全体の集中研修が5日間あり、法人職員に必要な基礎知識について学んでいただきます。その他医療職として必要な知識は、適宜開催される研修会(医師・看護師・セラピスト・薬剤師等の各専門職による講義)にて自己学習できる環境があります。
(2014年度に森之宮病院SWが院内研修に参加した回数:33回)

部署内研修

 法人内の各機関で機関の特色に合わせた研修(OJT)を行っています。
 森之宮病院では、SW企画による勉強会、他機関見学、院内外の研修参加者による伝達講習会などを実施しており、積極的な学びをサポートしています。

 

先輩の声①

森之宮病院診療部医療社会事業課
医療ソーシャルワーカー
太田さん・河野さん

担当している業務について教えてください。

 患者さんやご家族の抱える心理的・社会的な課題について、お気持ちや今後のご意向を伺い、現状を共に整理しながら、課題を乗り越え、より良い生活をお送りできるような支援をしています。支援を行う中では、その方々が持っている力や強みを発揮し、ご自分たちで方針を決めて頂けるサポートを心がけています。
 具体的な日常の業務としては、入院相談、患者さんやご家族との面談、院内スタッフとの情報共有及び協議、支援プランの立案、関係機関との連絡調整等を主体としており、患者さん・ご家族との関わりだけでなく、院内スタッフや地域の診療所・介護施設等の関係機関とも密に連携をとっています。地域生活を送って頂くにあたり、安心・安全に過ごして頂けるような準備を行っています。

大道会に就職したきっかけを教えてください。

太田:私が就職活動をしていた時には、すでに森之宮病院のベッド数351床に対し、医療ソーシャルワーカーが12名いました。そのことに驚きましたが、病院・法人として医療ソーシャルワーカーをそれだけの人員配置が必要な職種であると認められているのだと感じ、安心感を覚えたのがきっかけでした。
 また、大道会の掲げる、理念や基本方針に賛同したことも大きな理由の一つですが、就職活動をしていた時は、実際にどこまで理念・基本方針に沿った運営をしているかは半信半疑でした。就職してから、法人職員として働く中でそれは確実に実践されているものだと感じることができました。

河野:大道会への入職を目指すきっかけとなったのは、第一に大学の先輩方が大道会で医療ソーシャルワーカーとして勤務されていたことです。大学時代、自分と同じ環境で学んだ先輩方が活躍されていることを知り、自分も先輩方と同じように、患者さん・ご家族に安心して相談して頂けるような医療ソーシャルワーカーを目指したいと思いました。
 次に、医療ソーシャルワーカーの配置数が他の病院・施設と比較して非常に多いことも、大道会への入所を希望する理由の一つとなりました。森之宮病院は351のベッド数に対し、医療ソーシャルワーカーが10名以上います。配置数が多いといこうとは、それだけ病院・法人として必要な人材だと認識されているのではと感じ、大道会・森之宮病院への魅力が高まりました。

仕事のやりがいはどのような点ですか?

太田:患者さん・ご家族の中には、急にご病気になり、不安な気持ちを抱えたままご入院される方が多くいます。患者さん・ご家族の不安な気持ちに寄り添い、これから地域で生活を送れるよう、サポートする中で「お世話になりました。困ったときはどこに相談すればいいか分かったので、家に帰ってもなんとかやっていけそうです」とコメントを頂いた時は、大きな安心感と、自分の支援の意図が伝わっていたのかなと嬉しく感じることができました。

河野:患者さん・ご家族が地域で生活をされる上で、どのように生活したい・過ごしたいといったご希望をお話していただけたときに、やりがいを感じます。急な入院により、入院前とお身体の状態に変化がある場合には、患者さん・ご家族共に治療を終えた後の生活プランを、なかなかイメージしにくいとのお話を伺うことがあります。そのような場合に、これからの地域で生活されるうえでの見通しが立つように、退院後に何が必要になるのか、どのような社会資源をご利用いただけるかといったことを、医師や看護師・セラピストと共にお伝えし、患者さん・ご家族が主体的にご自身の生活をお考え頂けるようなサポートを行います。そのため、他のスタッフと共に、支援を行い、最終的にご自身の生活を患者さん・ご家族でお考えになり、地域に戻られるまでサポートさせて頂けることに、医療ソーシャルワーカーとしてのやりがいを感じています。

職場の雰囲気はどうですか?

河野:一言でお伝えすると、雰囲気は「とても良い」です。
具体的な点では、支援プランに悩んだり迷ったりした際に、先輩に相談しやすい雰囲気があります。相談した際には、私の考えを後押ししてくれたり、根拠を持ってアドバイスをして頂けるため、自信を持って患者さん・ご家族への支援を行うことができます。
 また、頻繁ではないですが、歓迎会や新年会等、相談室全員で食事をする機会もあります。職場とは離れた場でたくさんお話をすることによって仲が深まり、仕事を行う際にもよりコミュニケーションを取りやすくなります。

太田:その他にも、モーニングミーティングでは体操やストレッチを行う日もあり、仕事に取り組みやすい環境作りはもちろんのこと、リフレッシュできる機会を作る等、より働きやすい工夫を相談室全体で考え・取り組んでいます。
 毎日、院内をバタバタと移動しながら業務を行っていますが、一日の終わりに帰ってきたら安心できるような相談室です。

仕事で苦労した経験はありますか?それに対してどのような工夫をしましたか?

太田:様々な考えや価値観の人がおり、上手く信頼関係が築けないこともありましたが、先輩にその都度、相談に乗ってもらい、一緒に状況整理をしながら支援を行ないました。「自分が困っていることは、他の人も困っているかもしれないので、みんなで共有・検討しよう」という上司の声掛けに何度も助けてもらいました。
 実際に、ケースの全体像が分かるような共通ツールなども課内で相談しながら作成し、それを使用することで以前より、自身でアプローチ方法を考えやすくなりました。
また、幅広い分野の知識が必要になるため、社会の情勢や制度の改正、診療報酬改定などに応じて、最新の知識を得られるように勉強会への参加なども行っています。

河野:患者さん・ご家族との面談時や、院内スタッフとの情報共有・協議時、または地域の関係機関の方々との連絡調整等、自分が相手に伝えたい情報や思い等が、上手く言葉にできず、相手にご理解いただけるよう伝えられないことがあります。思いや考えを言葉に表して伝えるというのは非常に難しいことだと日々感じています。
 そのような際には、先輩に相談し、現状を共に整理して頂きながら、私が言葉にできなかったことを言語化できるようなサポートをして頂いています。また、言葉で伝えるだけでなく、手紙を書いたり、資料を用いたり等、相手にあわせたコミュニケーションの方法を用いるように心がけています。先輩から頂いたアドバイスを活かし、より患者さん・ご家族のお気持ちに寄り添えるよう、医療ソーシャルワーカーとして支援の質を高めていきたいと励んでいます。

今後の目標を教えてください。

太田:ソーシャルワーカーの業務はなかなか数字などで評価できるものではなく、何をしてくれる人なのか分からないと思われることも多々ありますが、患者さん・ご家族にも役割をお伝えし、常に根拠を持って支援を行なえるよう取り組みたいと思います。先輩方の様に丁寧かつテキパキと働くことが目標です。

河野:医療ソーシャルワーカーとして働き始めて3年目を迎えますが、たくさんの患者さん・ご家族の支援に関わる中で、まだまだ迷うことや悩むことがたくさんあります。そのような際には、先輩方に相談しアドバイスをもらい、自信を持って支援できるように背中を押して頂いています。今後は、患者さん・ご家族が安心して地域生活をお送り頂けるようなサポートを、先輩方のようにしっかりと支援の根拠を持って行えるようになりたいと思います。

就職希望者へのメッセージ

 高齢社会が進む中、医療の現場においても、社会福祉の専門的な視点が求められています。
 どんな仕事も大変なことはありますが、いろいろ人と関わって幅広い知識を学び、コミュニケーションをとることで、仕事だけでなく社会人としても成長できます。とにかく職場の雰囲気が良いため、行き詰った時には相談し合え、一緒に乗り越えられる課員がいます。
 森之宮病院で医療ソーシャルワーカーとして、働いてみませんか。

 

先輩の声②

介護保健施設グリーンライフ 事務サービス部地域課
支援相談員(MSW)
奥田さん

担当している業務について教えてください。

 現在は法人内の介護老人保健施設グリーンライフで勤務しています。グリーンライフでのMSW業務は大きく3つに分けることができます。①入所者へのケースワーク業務②ショートステイ利用者に関する調整業務③デイケア利用者に関する調整業務です。この中でも、やはり入所者へのインテーク面談や、退所へ向けて地域のケアマネジャーさんや、他の高齢者施設などへの調整が主な業務となっています。

大道会に就職したきっかけを教えてください。

 大学で社会福祉学を学び、ゼミも医療ソーシャルワークを専攻していたので、3回生くらいからMSWへの就職を思い描くようになっていました。父親の友人が、ボバース記念病院でリハビリ入院をしていたという話を就職活動の時に聞くことができて、大道会という名を知るきっかけになりました。リハビリをして、とても回復され社会復帰ができたと聞いて、その中で「MSWもチーム医療で動いていたのだろうか」など、だんだん大道会に興味が出てきました。ちょうど大学にも大道会からの求人が出ていたので、すぐに応募したことを覚えています。

仕事のやりがいはどのような点ですか?

 病院のMSWでも、老健のMSWでも、一番やりがいを感じたり嬉しい時は、患者さんやご家族の『笑顔』を見ることができた時です。入院・入所してこられる方は、療養生活や今後の人生の不安を抱え、皆さん暗い表情からのスタートがほとんどです。そこからMSWとして患者さんや、そのご家族に寄り添い、将来の方向性を共に探していく中で、「少し安心しました」と笑顔になって頂けた瞬間、MSWとしてのやりがいを感じます。満面の笑みではないけど、まだまだ不安もあるという表情ではあるけど、それでも少しずつ患者さんやご家族と一緒に笑える回数が増えればなと、日々患者さん、ご家族と共に歩んでいます。

職場の雰囲気はどうですか?

 以前勤務していたボバース記念病院も、現在勤務しているグリーンライフでも、MSWの連携し合う雰囲気は非常に良いと思います。また、MSWは自部署内はもちろんのこと、他部署・他職種との繋がりが非常に大切になります。その点でも、大道会全体の雰囲気も大変良いものがあると感じます。どの部署や職種へ連絡をしても、連携してもらえる雰囲気作りができていると思います。

仕事で苦労した経験はありますか?それに対してどのような工夫をしましたか?

 MSWは、病院と患者さんの間に立たなければなりません。患者さんが希望する方向性について、必ずしも全てを叶えてさしあげることができない場合もあります。そのような、病院と患者さんとの間で板挟みになる苦労は当然ながらあります。しかし、そんな時でも「患者さんに寄り添う」姿勢を心に持ち続け、病院側のスタッフと協議を積み重ねて、少しずつ患者さん側へ説明させて頂き、双方が納得できるよう連携の工夫を常に考えています。

今後の目標をおしえてください。

 グリーンライフでは、施設内のことだけではなく、地域の方々との交流や連携も非常に大切になります。今後「地域包括ケアシステム」の動きもどんどん活発になってきます。自分の業務として、これまではあまり地域との繋がりに意識的に取り組んでこなかった反省もあります。なので、グリーンライフという職場の特色をしっかり生かして、MSWとして地域と強い繋がりを作り、住民の方々から愛される施設作りを目標としていきたいと思います。

就職希望者へのメッセージ

 先述したように、大道会の雰囲気はとても明るく各職種が協力し合う雰囲気があります。そういう環境なので、MSWとしてもとても動きやすい環境が用意されています。病院と患者さんの間に入ることは、苦しいことやつらいことも出てくると思います。でもそんな時、大道会なら、MSWの仲間や他職種の誰かがきっと声をかけてくれるはずです。楽しいこともつらいことも一緒に共有できる場所だと思います。

 

見学会

医療ソーシャルワーカー(社会福祉士)見学会のご案内

 平成29年3月卒業予定の新卒者向け(既卒の方もお申込み可能です)

対象者 平成29年3月に卒業見込みの方、既卒者
開催日時

平成28年9月27日(火)10:00~12:00

→こちらの見学会は終了しました。多数の皆様にご参加いただきありがとうございました。

会場

森之宮病院 8階会議室

〒536-0025 大阪市城東区森之宮2丁目1番88号

プログラム(予定)

  • 森之宮病院 職場見学
  • 介護老人保健施設グリーンライフ 職場見学
  • 今後の採用スケジュールについて
申込締切

9/23(金)までにお申し込みください。

申込方法

下記の3つの方法からお申し込みいただけます。

1.インターネットでの申し込み

※インターネットでのお申し込みは、自動返信メールが届いた後に、人事課より送付する「申込受付完了メール」が届きましたら、インターンシップへの申込受付が完了となります。自動返信メールや申込完了メールが2~3日程度経っても届かない場合は、人事課(06-6962-2255)までお電話ください。

 

2.メールでの申し込み
 件名には「9/27(火)医療ソーシャルワーカー見学会申し込み」と記入し、メールの文中には「氏名」「フリガナ」「性別」「生年月日」「住所」「電話番号」「メールアドレス」「学校・学部・学科名」を必ず記入の上、下記の問い合わせ先のアドレスにメールを送信してください。

 

3.電話での申し込み
 下記の問い合わせ先の人事課直通の番号にお電話の上、担当者に「氏名」「フリガナ」「性別」「生年月日」「住所」「電話番号」「メールアドレス」「学校・学部・学科名」をお伝えください。

 

お問い合わせ先

社会医療法人大道会 本部管理部人事課
 担当:青木(あおき)・大平(おおひら)・上野(うえの)
TEL:(06)6962-2255(人事課直通)
E-mail:jinjika24@omichikai.or.jp

募集要項

新卒採用

 ■新卒医療ソーシャルワーカー(平成29年3月卒)
採用人数 3名
就業場所

・森之宮病院

・介護老人保健施設グリーンライフ

 ※どちらかの配属になります。
 ※法人内の他施設への転勤があります
応募資格

・平成29年3月に卒業予定で、社会福祉士の資格取得見込みの方
・既卒の方で、社会福祉士資格のある方

(見学会に参加していない方でも応募可能です)

雇用形態 常勤職員
給与等

初任給(基本給+住宅手当)

 大卒 202,000円

 院卒 207,400円 

※既卒者は経験を考慮し給与は別途設定します。

諸手当 住宅手当・通勤手当 等
賞与 年2回(7月・12月 昨年実績3.9ヵ月)
昇給 年1回
退職金制度 あり(勤続3年以上)
勤務時間

(月~金)8:45~17:00(休憩時間60分)

 (土) 9:00~13:00
※就業場所により就業時間が多少異なります

休日休暇 土曜(月2回程度)、日曜、祝日
年末年始休暇、有給休暇、夏期休暇
※就業場所により多少異なります。
福利厚生・保険 各種社会保険完備
大阪府病院厚生年金基金
 ■応募方法・選考について
応募方法
  1. 下記の「新卒採用エントリーフォーム」から応募申込を行ってください。
  2. 新卒採用エントリーフォームへの応募申込の後、[1]履歴書 [2]成績証明書 [3]卒業見込証明書 [4]健康診断証明書を下記の期日までに書類送付先に郵送してください。

※封筒には必ず「新卒医療ソーシャルワーカー応募」と朱書きしてください。

※書類選考後、選考結果について担当者よりご連絡いたします。

→申し込みを締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。

書類送付・連絡先

〒536-0023 大阪市城東区東中浜1丁目5番1号
社会医療法人大道会 本部管理部人事課 採用担当 宛
 担当:青木(あおき)・大平(おおひら)・上野(うえの)
TEL:(06)6962-2255(人事課直通)
E-mail:jinjika24@omichikai.or.jp

選考方法・試験日程(予定)

1次選考:書類選考 10/5(水)必着
2次選考:論文試験・性格適性検査・面接 10/13(木)9:30~12:00
3次選考:最終面接 10/19(水)10:30~

 

 
  1. 社会医療法人大道会
  2. 採用情報
  3. 医療ソーシャルワーカー