事務部

ボバース記念病院事務部は、フロントサービス課(医事課)・医療クラーク課・診療情報管理課・庶務課で構成されておりますが、各担当職域を超え、事務部一体としてジェネラルなスペシャリストをめざしております。
2018年10月に障がい児者を中心とした広域な専門特化した医療に病院機能が転換され、その医療を来院から入院・退院・継続外来までを支える事務部門として日々尽力しています。
広域な医療提供かつ公費助成制度を利用される受診者が多く、単に受付・レセプト請求のみの事務ではなく、各市町村の助成制度の知識を必要とし、また障害診断書や年金診断書等の公的書類も多数発生する為に、この規模では珍しい医療クラークも2名配置し、専門特化した患者群の診療基礎データの収集・整理・データ提出も担えるよう診療情報管理士も配置しています。庶務課では98床の病院ではありながら200名を超える職員の管理から、障がい児者用に対する特殊な施設・設備管理まで万に対応しております。

 

スタッフ構成

事務員 10名
庶務担当 2名
施設担当者 1名
医療クラーク 2名
診療情報管理士 1名
秘書 1名

 

スタッフの保有資格

診療情報管理士 2名
日本病院会医師事務作業補助者研修終了者 1名
医療情報技師 1名

  1. ボバース記念病院
  2. 診療科・部門
  3. 事務部