整形外科(小児整形外科)

主な疾患

脳性まひ

脳性まひでは、まひが原因となって痙縮(筋肉の緊張が強い状態)や不随意運動(意に反して体が動いてしまう状態)が起こります。このまひのために立つ、歩く、走るなどの運動が妨げられます。さらに股関節脱臼や尖足などの手足の変形、脊柱側弯症、頚椎症性脊髄症が引き起こされます。痙縮に対しては、内服薬、ボツリヌス療法、ITB療法(髄腔内バクロフェン療法)、軟部組織解離術を行います。股関節脱臼に対しては、軟部組織解離術だけでなく、大腿骨や骨盤の変形に対する骨切り術も行います。たとえ立ったり歩いたりすることができない人でも、股関節が脱臼しているといつか痛みが出てくるので早期に治しておくことが必要です。もちろん運動発達にはリハビリテーションとの併用が欠かせません。

 

外来医師担当表

診療時間
診察
9:00~
吹上

藤田(第2)

 

    原田(第2・4)
藤田(第4)
診察
13:30~
藤田(第4) 藤田(第2) 吹上      

 

装具診察

2019年9月より装具診察は予約診療となりました。診察時に次回の予約をしていただくか、お電話でご予約をお願いします。

診療時間
診察
13:30~
    交代制   交代制  

 

休診情報

吹上医師   2024年2月5日(月) 休診
       2024年2月7日(水) 休診

松岡医師の診察は現在休診しております。診察再開の際は、ホームページ(当ページ)でご案内いたします。

※急な休診等もございますので、ご了承ください。

 

スタッフ構成

常勤医師 2名

  日本整形外科学会認定指導医 1名
  日本整形外科学会認定 整形外科専門医 2名
  義肢装具等適合判定医 2名

非常勤医師 2名

 

スタッフ紹介

子供達に寄り添いながら、適切な小児整形外科手術を行います。


ボバース記念病院副院長
吹上 謙一
(ふきあげ けんいち)

私自身が乳児期に股関節脱臼の治療を受けた経験から、医師になり小児整形外科医の道を選びました。脳性麻痺に限らず、股関節疾患全般(股関節脱臼、ペルテス病、大腿骨頭すべり症など)、足部疾患(先天性内反足、外反扁平足、二分脊椎、先天奇形など)、側弯症など様々な疾患の治療を行います。染色体異常や様々な症候群の患者さんについても、お子様の成長に合わせた治療を行います。
詳しくは吹上医師のホームページ(http://fuki8187.com/pediatrorthop/)をご覧ください。また、診断、治療、おすすめの病院などの相談がございましたら、吹上医師のメールアドレス(fuki8187@gmail.com)にご連絡ください。

プロフィール

1998年京都大学医学部卒業。
京都大学医学部附属病院、水野記念病院、滋賀県立小児保健医療センター等を経て、2018年4月から森之宮病院小児整形外科勤務。2018年10月よりボバース記念病院整形外科(小児整形外科)勤務。2020年4月よりボバース記念病院副院長。

  • 日本整形外科学会認定指導医
  • 日本整形外科学会認定 整形外科専門医
  • 近畿小児整形外科懇話会世話人
  • 医学博士
  • 小児慢性特定疾病指定医
  • 小児運動器疾患指導管理医
  • 難病指定医

 

お子さんとそのご家族にとって、最善の治療を一緒に考えていきます。



松岡 由希子
(まつおか ゆきこ)

こどもの整形外科疾患は「成長する」ために、現在の症状に対し診断・治療するだけではなく、将来も見据えて考えていく必要があります。大人になっても困らないよう、お子さんひとりひとりの成長に寄り添った医療を目指します。

プロフィール

2011年大阪医科大学医学部医学科を卒業。
大阪大学医学部附属病院で2年間の初期臨床研修を終え、箕面市立病院、森之宮病院、吹田市民病院、大阪医療センターでの勤務を経て、2022年4月よりボバース記念病院小児整形外科に勤務。

  • 日本整形外科学会認定 整形外科専門医
  • 小児慢性特定疾病指定医
  • 難病指定医

 

臨床研究に関する情報公開

「疫学研究に関する倫理指針」第3.1(2).「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」第5章,第12に基づき、インフォームド・コンセントを受けない場合の研究についての情報をこちらに公開しております。

 

 

 

  1. ボバース記念病院
  2. 診療科・部門
  3. 整形外科(小児整形外科)