臨床工学技士

臨床工学技士

仕事内容

 臨床工学技士は医療機器のスペシャリストであり、現代の医療現場には欠かすことのできない存在です。私たち臨床工学技士は当法人の強みであるステントグラフトや下肢血管治療、また透析療法など、多岐に渡る業務を通じてチーム医療に貢献しています。急性期のみではなく、大道クリニックなどグループのスケールメリットを生かした業務に取り組み、地域に密着した技士を目指しています。患者ケアから機械の管理まで、業務内容は多種多様ですが、良好な職場の環境とコミュニケーションを保ち、円滑に業務を遂行できるよう日々、頑張っています。

教育制度・キャリアパス

 当院では医師や他メディカルスタッフの要望に応えた診療補助を行うために、独自の臨床工学技士教育カリキュラムを作成し導入しています。幅広い分野での知識と技術を求められる技術職であるため、医師の臨床研修カリキュラムに習い、総合的な教育の後に専門性を持った技士を育成することを心掛けています。入職1年目はME機器管理と透析を中心とした業務を行います。2年目より専門分野における実践形式で臨床業務を行います。各業務には専任のエキスパートを配置し、マンツーマンで多くの症例を経験します。臨床の現場で医療の中枢を担える技士となれるよう教育を行っています。

 中途入職者に対しては、経験年数に応じてチームで教育をすることで、即戦力となれるように指導しています。
目標としては専門分野に精通するジェネラリストを育成し、専門病院である強みが生かせるようにしています。これらの人材を育成するため、大道会では認定資格など様々なキャリアアップに挑戦するための補助制度が用意されています。
 臨床工学技士として業務は無限大にあります。リミットを決めるのではなく、トライし続けることが大切だと思います。

 

先輩の声①

森之宮病院 画像診断部 臨床工学科
臨床工学技士
原さん

担当している業務について教えてください。

 主に、手術室業務担当でステントグラフト手術に携わっています。ステントグラフト手術では、オペ室準備から治療・患者退出まですべてに携わっています。他にも、人工心肺業務・手術室機器管理も行っています。

大道会に就職したきっかけを教えてください。

 臨床工学技士の業務は、ME機器管理、透析、手術室、カテ室などたくさんあります。 私は手術室業務を希望しており、森之宮病院では心臓血管外科が特化していると聞いたので志望しました。その他の業務でも幅広い知識を習得できると思ったのがきっかけです。

仕事のやりがいはどのような点ですか?

 手術室業務では、チーム医療という言葉があるように、チーム一丸となり業務を行っています。患者さんに質の高い医療を提供できるように、医師やコメディカルとディスカッションし、その日のベストを尽くせるように頑張っています。自然とモチベーションも高まり、日々のやりがいを感じます。

職場の雰囲気はどうですか?

 男性7名女性1名という職場ですが、みんな仲良くコミュニケーションが取れていてとても雰囲気がよい部署です。 臨床工学科の目標として『人間力』を掲げています。 「いったん口にしたことには責任を持つ!」という個の目標や、「臨機応変にみんなが迅速に対応する!」というチーム目標です。 他職種とのコミュニケーションを大事にし、臨床工学科として一致団結し幅広い業務に取り組んでいます。

仕事で苦労した経験はありますか?それに対してどのような工夫をしましたか?

 私たちの仕事は、一言でいうと『命のエンジニア』です。手術中に何らかのトラブルが起こる時があります。 手術室はとてつもない緊張感が走り、新人の頃は何をしていいかわからず、鳴り響くアラームに呆然と立ち尽くすだけでしたが、今では解決するため瞬間的に判断し行動できるようなりました。 トラブル対処で臨床工学技士として迅速かつ正確な行動が必要不可欠になってきます。

今後の目標をおしえてください。

 経験年数5年目に入り、中堅のポジションになりました。後輩にも教育する立場になり、今まで先輩に教わってきたことを後輩に教えられるように、自らもスキルアップは欠かさず努力していきたいです。

就職希望者へのメッセージ

 当院では、ステントグラフト業務に特化しており、解離性大動脈瘤の患者さんが他院から搬送されてきます。症例数も多く、たくさんの経験を積むことができ緊急時の対応など臨床工学技士として幅広い分野でスキルアップできると思います。 手術室以外でも業務には壁を作らず、何でも屋になれるように、医師や看護師その他のコメディカルともつながりを強くもち互いに協力し助け合う職場です。

 

先輩の声②

森之宮病院 画像診断部 臨床工学科/大道クリニック
臨床工学技士
和田さん

担当している業務について教えてください。

 私は現在、森之宮病院と大道クリニックの2施設で働いており、森之宮病院では、人工透析業務、ME機器管理業務、手術室業務の準備などを担当し、大道クリニックでは、水質管理やコンソールの点検、資材・薬剤の発注、心胸比測定などを含めた人工透析業務を担当しています。

 

大道会に就職したきっかけを教えてください。

 大道会では、人工透析業務や機器管理業務、手術室業務、カテーテル業務など多くの業務に臨床工学技士が携わっていると聞いたので入職を希望しました。就職する前は、業務内容や必要とされるスキルなどを十分に理解していなかったので、「この業務に携わりたい!」という明確な目標がありませんでしたが、大道会の幅広い業務の中から目標も定まり、今はそれを達成できるよう日々努力しています。

仕事のやりがいはどのような点ですか?

 2施設を兼任していることで、森之宮病院では、幅広い業務に携わりあらゆる面から患者に貢献でき、大道クリニックでは、人工透析業務のより専門性の高い知識や技術を習得することができます。このような点から、自分自身のスキルアップにも繋がりますし、非常にやりがいを感じて仕事をしています。

職場の雰囲気はどうですか?

 「チャレンジあるのみ」という目標の中で、私も日々多くのことを学んでいます。その中で先輩方には非常に丁寧で分かりやすく指導してもらっており、その目は真剣そのものです。しかし、業務が終わると、すごくアットホームな雰囲気で、会話や笑いが絶えない仲の良い部署であると思っています。

仕事で苦労した経験はありますか?それに対してどのような工夫をしましたか?

 入職したての頃は、何もかもが初めてのことで覚えることが大変でした。しかし、先輩に教えて頂いたり、自分で勉強することで1つ1つ疑問が解け、今では自立して出来る業務も増えてきました。これからは、このような業務を1つでも多く出来るようにしたいです。

 

今後の目標を教えて下さい。

 今後は、臨床工学技士としてキャリアを積み、まだまだ学ぶこともがたくさんあるので、日々努力し、進歩していきたいと思います。そして、自分の理想の臨床工学技士像に近づいていきたいと思います。

就職希望者へのメッセージ

 大道会では、幅広い業務に臨床工学技士が関わっており、スキルアップするには申し分ない場であると思います。また「コミュニケーション」を非常に大事にしている法人であるので、同じ技士だけではなく他のメディカルスタッフの方々とも連携を取ることで、高度なチーム医療を実現している職場です。

 

森之宮病院臨床工学技士個別見学会のご案内

今年度の応募を締め切りました、多数のご応募ありがとうございました。

 

大道クリニック臨床工学技士個別見学会のご案内

今年度の応募を締め切りました、多数のご応募ありがとうございました。

 

募集要項

新卒採用(平成30年3月卒)

 ■新卒臨床工学技士(森之宮病院)

今年度の新卒採用(森之宮病院)は終了いたしました。ご応募ありがとうございました。

 
 ■新卒臨床工学技士(大道クリニック)

今年度の新卒採用(大道クリニック)は終了いたしました。ご応募ありがとうございました。

中途採用

   ■中途臨床工学技士(大道クリニック)

今年度の中途採用は終了いたしました。ご応募ありがとうございました。

  1. 社会医療法人大道会
  2. 採用情報
  3. 臨床工学技士