特色

まったく新しい、未来志向の病院。それが森之宮病院です。

2006年4月、森之宮病院は、大道病院とボバース記念病院という2つの病院の機能を集約・高度化して誕生しました。「急性期医療」と「リハビリテーション医療」の両方を併せ持つ、これまでにない新しいコンセプトを持った病院です。その特長をご紹介しましょう。

充実した脳卒中回復期リハビリ

長年にわたりボバース記念病院で培った経験をもとに、日本トップレベルの規模となる200名を超える療法士が質の高いマンツーマンのリハビリテーションをご提供します。
脳卒中回復期に密度の高いリハビリテーションを行うことで、より高い機能回復をめざします。また、在宅復帰へのサポート体制も充実しています。

 

地域にやさしい中核病院

「いつも頼れる病院が近くに欲しい」「入院してもかかりつけの先生に診て欲しい」。森之宮病院はそんな患者さんの思いにお応えします。
二次救急指定病院として、内科系と外科系の医師が24時間体制で救急診療を行っています。開放型病棟では登録医の先生方との連携診療を行うなど、地域の新しい中核病院としての使命を果たしていきます。

 

最良の環境で治療に専念

森之宮病院の7階は個室を中心とした病棟。帝国ホテルクリニックでのノウハウをもとに、木目調の落ち着いた雰囲気にこだわり、安らぎを感じながら安心して治療に専念できる環境を整えました。
ホテルマンに学んだサービス、新しい調理システム「クックチル」の採用など斬新なアイデアでこれまでにない治療環境をご提案します。

 

最新システムで待ち時間を短縮

新しく導入した診察券「リライタブルカード」では、電子カルテに入力された患者さんの診療内容や診療時間がタイムリーに表示されます。診察券を見れば、いつ、どこに行けば良いかがすぐに分かり、待ち時間も減少。
また、会計を済ませると次の予約を取られた方は、診察券の裏に次回の予約日と時間が記載されます。各種電子化システム導入で、患者さんに利便性と快適さをご提供します。

 

高度な診断を提供する最新機器

未来志向の病院にふさわしい、最先端の医療機器をそろえています。なかでも画像診断機器については、近年注目されている医療被曝問題を考慮し、最新鋭機器を導入。
医療被曝を軽減し、病巣をできるだけ早期に発見して、患者さんに安心をお約束します。

 

 

すべての方にやさしく、わかりやすく

院内には、「小さなお子さんからご高齢の方まで、すべての患者さんにわかりやすく、やさしく」をめざした工夫がいっぱいです。
色や形でわかりやすいサインを導入した外来、お星様や動物で子どもたちが楽しめる小児病棟、近隣の方が自由に利用できる「こもれび広場」の医療情報や図書のコーナーなど。バリアフリーを推奨するハートビル法の認定も受けています。
2007年には、福祉的な配慮がされた施設を表彰する第14回大阪・心ふれあうまちづくり賞の大阪市長特別賞を受賞しました。

 

  1. 森之宮病院
  2. 病院のご紹介
  3. 特色