リハビリテーション部

リハビリテーション部

常識を超え、現状を変えていこうとする気持ちが、患者さんやご家族に伝わった時、人間として、専門職として、無上の喜びを感じます。さらに前進して行く喜びを共有しています。


顧問
紀伊 克昌

 

リハビリテーション部は豊富な人材と組織力で、受診者、利用者の皆様が少しでもその人らしい生活をとりもどしていくお手伝いをしています。皆様の期待にお答えできるよう、専門職として研鑽を積んでまいります。


部長
椎名 英貴

 

私はボバース記念病院開院2年目より勤務しています。医療情勢が厳しくなる中で、少しでも患者さんの入院生活、あるいはご自宅での生活がしやすいように日々努力してまいります。


副部長
小室 幸芳

 

専門職として、良質なリハビリテーションをご提供するとともに、患者さんやご家族と一緒に色々なことを感じ、喜び合えたらと思っております。


副部長
岡田 泰子

 

理学療法科

整形疾患、内部疾患、がん等で入院されている方々のリハビリテーションを展開しています。


理学療法科 科長
和田 和美

 

「患者さんを宝物のように大切に扱いなさい。誠心誠意をもって!」(カレル・ボバース)この言葉を胸に日々リハビリテーションに取り組んでおります。


理学療法科 科長
中垣 光子

 

患者さんやご家族とともに、運動機能の回復および社会参加を目指して、より良い理学療法が提供できるように努力してまいります。


理学療法科 科長
島 恵

 

回復期リハビリテーション病棟を担当させて頂きます。理学療法を通して、利用者様の人生観や価値観に寄り添い、障害と共に生きる方法を探り、社会復帰を目指したいと考えています。


理学療法科 科長
永井 千尋

 

作業療法科

難しければ難しいほどチャレンジするというボバーススピリットを大切にしながら、患者さんと共に豊かな生活につながる作業療法を目指しています。

  • 回復期リハビリテーション病棟協会セラピストマネジャー

作業療法科 副部長
砂古口 雅子

 

作業療法を通じて、患者さんや地域の皆様に生活支援を行い、治療はもちろんのこと、様々な情報提供を積極的に行っていけるよう頑張っていきたいと思います。


作業療法科 科長
木瀬 憲司

 

小児部門では、子どもさんやご家族を含めた生活に関するニーズに対して、的確にこたえる作業療法を実践します。


作業療法科 科長
濵本 多紀

 

リハチームの一員として、患者さんと一緒に悩み、喜び、その方らしい生活へつなげていける作業療法を提供できる様、努力していきたいと思います。


作業療法科 科長
多田 雅子

言語療法科

たくさんの方と接することの楽しさや難しさを、日々、痛感しています。患者さんに影響を受けながら、専門職として、一個人として、成長し続けていければと思っています。


言語療法科 科長
田子 歩

 

認定療法士

認定理学療法士

 

ご自宅に戻られてから活き活きとした生活ができるよう支援させていただきます。目標に向かって一緒に励んでいきましょう。

 

  • 認定理学療法士(脳卒中)
  • 認定理学療法士(発達障害)

理学療法科 主任
稲葉 朗子

 

日々、患者さん・ご家族との関わりの中で学ばせて頂くこともたくさんあります。その学んだことを生かし、患者さんの持つ潜在能力を少しでも引き出すお手伝いが出来たらと思っています。

 

  • 認定理学療法士(脳卒中)

理学療法科
滝田 有香

 

リハビリテーションを必要とされている患者さんや子どもたち、ご家族の皆様の支えになる事が少しでもできるよう努めてまいります。何でも一緒に考えたいと思いますので、どうぞお気軽に声をかけて下さい。よろしくお願い致します。

 

  • 認定理学療法士(脳卒中)
  • 認定理学療法士(発達障害)

理学療法科
藤田 暢一

 

「再び歩きたい」、そういった声に応えたいという気持ちから、知識を深めるために認定理学療法士を志しました。今後、これまでに得た知識をセラピストや他職種と共有し、エビデンスに基づいた医療をチーム全体で提供できるよう精進していきたいです。

 

  • 認定理学療法士(脳卒中)

理学療法科
森 正志

 

認定理学療法士は、セラピストとして専門性を高める一つのステップアップと考え取得しました。今後は、取得するまでに得た知識にさらに磨きをかけ、全力で患者さんの回復を促していきたいです。

 

  • 認定理学療法士(脳卒中)

理学療法科
森 和実

認定作業療法士

 

 

認定作業療法士として、小児から成人の患者さんまで、対象となる方々が豊かな生活を送れるようサポートしたいと思っています。また、次世代を担う作業療法士の育成にも関わっていきたいと思っています。


作業療法科 副部長
砂古口 雅子

 

作業療法の臨床実践のみならず、教育や研究及び管理運営に積極的に携わりながら、リハビリテーション部の発展に寄与し、患者さんにより良いリハビリテーションサービスが提供出来るように、生涯学習を進めていきます。


作業療法科 主任
神尾 昭宏
  1. 森之宮病院
  2. 診療科・部門
  3. リハビリテーション部