お食事について

入院中のお食事のご案内

調理の工夫

当院のお食事は、衛生面に於いて安全性の高い「ニュークックチル」というシステムを採用しています。「ニュークックチル」とは、あらかじめ調理したものを急速冷却して5度以下で保存し、食事提供前に再加熱するという調理システムです。

病院食には薄味のイメージがありますが、再加熱でしっかり味がつくため、少しの調味料でも濃い味になり、美味しく召し上がっていただけるよう工夫をしています。

食事内容

一般食と治療食があり、症状により医師の指示のもと、病気に適したお食事を提供しています。主食は、米飯、軟飯、粥、パン食からお選びいただけます。また、副食は、咀嚼、嚥下状態に合わせて、普通(そのままの形)~嚥下までの13段階の形態をご用意しています。

入院時や状態に合わせて管理栄養士がベットサイドに伺い、食事量や調理形態(キザミ、ミキサー食)などを調整します。

食事時間

朝 7:30~

昼 12:30~

夕 18:00~

(病棟により15分程度前後の差があります)

行事食

普段のお食事に加え、季節の食材を使った献立をお出ししています。

誕生日のお祝い

誕生日には誕生日カードをのせてお食事を配膳しています。

選択メニュー

回復期リハビリテーション病棟入院中で一般食をお召し上がりの方を対象に、週3回(火・木・金)実施しています。費用の特別な負担はありません。

栄養指導

主治医の指示により、食事療法が必要とされる方に対して管理栄養士による「食事栄養指導」を入院・外来にて実施しています。

時間
平日  9:20~17:00
土曜日 9:20~12:00

チームでの取り組み

栄養サポートチーム(NST)

栄養サポートチームとは、栄養状態の改善が必要なご入院中の方に対して、医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、医療相談員、歯科衛生士など専門のスタッフが、最適な栄養療法を検討、提供していくチームです。週に1回カンファレンスを開催し、栄養改善に向けて取り組んでいます。

在宅復帰に向けて

医師、看護師、医療相談員、言語聴覚士、管理栄養士等が連携し、嚥下状態に合わせた食事の作り方、栄養改善に向けた栄養補助食品の提案、栄養剤の選択、配食等について、在宅生活に必要なお食事についてサポートしています。

その他

病院の食事に対するお問い合わせは、看護師に申し出ていただければ管理栄養士がお答えします。

 

  1. 森之宮病院
  2. 入院のご案内
  3. お食事について