医療クラーク科(医師事務作業補助者)

紹介状や患者さんからお預かりした書類の作成など医師の事務作業を行うことで、診察・医療行為に専念し患者さんに質の高い医療を提供できるようサポートに努めています。

スタッフ構成

医師事務作業補助者     12名

スタッフの保有資格

日本医療マネジメント学会医師事務養成講習修了者        1名
日本医療コンシェルジュ研究所研修修了者        12名
日本病院会医師事務作業補助者研修修了者        1名

医師事務作業補助者になるために必要な免許や経験などは特にありませんが、医療の専門知識を身につけ、患者さんに安心かつ迅速に書類を提供できるよう、院内にて32時間研修や外部研修の参加、月に1回輪番制で勉強会も行い、スタッフのスキルアップに繋げています。また、2ヵ月に1回医師を交えての会議や他部署主催の会議などにも参加し、森之宮病院チーム医療の一員を担っています。

医療クラークとは?

外来診察の際、医師の横で作業をしている事務員をみて不思議に思われたことはありませんか?
医師事務作業補助者とは平成20年より設立され医師の指示の下、医師が行う業務のうち事務的サポートを行う比較的新しい職種です。診療報酬制度では医師事務作業補助者の配置人数により入院初日に限り入院料に加算算定することが認められています。呼び方は病院によって様々ですが、当院では医療クラークと呼ばれています。まさしく、その事務員こそ医師事務作業補助者です。

  1. 森之宮病院
  2. 診療科・部門
  3. 医療クラーク科(医師事務作業補助者)