看護部

看護部

働き続けられる職場環境と看護部のスローガン!「育てよう、高めよう看護の力」「お互いの個性(力)を発揮できる体制」で魅力ある看護部を目指しています。

 

看護部長(兼 法人総看護部長)
福岡 幸代
副看護部長
上田 美代子

 

専従活動(教育)

2016年11月より、教育専従の役割を担っています。看護部の教育を考えるにあたり、現状分析を行い、研修内容や方法を検討し、『寝かさない研修』『参加者と講師が共に楽しんで学べる研修』を目標に、企画運営に奮闘しています!!


看護科長(教育)
西村 はるよ

 

専従活動(感染管理)

感染管理認定看護師は、入院されている患者さんはもちろん、お見舞いに来られる方、外来患者さん、そして、病院職員やその家族を「院内感染」から守ることが任務です。 院内感染から守るために、少しでも感染防止に興味をもっていただけるように、職員に対しては研修会を開催し、患者さんや来院される方にはポスター掲示等を行い、情報提供に努めています。


看護科長(感染管理)
吉田 ひろみ

外来看護科

森之宮病院の一般外来・専門外来は、予約制の外来です。そのため、患者さんの待ち時間が少なく、混雑もないために、ゆったりとした環境で診察・検査をお待ちいただけます。スタッフは、中堅からベテランの看護師が揃っています。皆様が安心して受診ができるよう、笑顔で親切な対応を心がけています。また、救急外来では二次救急をとっています。経験豊富な看護師が24時間体制で頑張っています。看護ケア外来としてストーマ外来・フットケア外来を行っています。


副看護部長
正壽 佐和子

2階(2階病棟・手術室)

森之宮病院2階には、6床の病棟(準ICU)と手術室があります。病棟(準ICU)では患者さんの集中的な治療・看護を行っています。手術室では、手術という特殊な環境におかれた患者さんが安心して手術を受けられるよう、日々訓練を積んだエキスパートナースたちが援助を行っています。


看護科長
新井 直子

3階こども病棟

3階・こども病棟は、肢体不自由のお子様、主に脳性麻痺のお子様が手術と訓練を目的に入院し、日常生活動作が上手に行えるよう毎日リハビリテーションを行っています。母子入院と単独入院があり、母子入院ではお母様も一緒に入院して、訓練と指導を受けていただいています。病院といった感じではなく、生活感あふれるアットホームな雰囲気の小児科病棟です。


看護科長
坂本 久美

4階病棟

4階東病棟

4階東病棟は40床の回復期リハビリテーション病棟です。患者さんやご家族を中心にして、医師・看護師・セラピスト・医療ソーシャルワーカー等がチーム一丸となり、それぞれの専門性をもって、機能回復と自宅・社会復帰をめざして支援していきます。患者さんを自分の家族のように思って、温かい看護を提供していきます。


看護科長
舘川 靖子

 

4階西病棟

4階西病棟は回復期リハビリテーションで、急性期治療を終えた発症後2カ月以内の脳血管障害の患者さんを対象にしています。ご家族を含めたリハビリを集中的に行い、自宅と社会への早期復帰を目指して援助を行っています。その方が目指すゴールに向けて、専門のスタッフが常にきめ細やかな情報交換を行い、リハビリを提供できるよう日々努力しています。スタッフ全員が笑顔と優しさを忘れず、チームワークを最大に発揮していきます。


看護科長
中島 ゆかり

5階病棟

5階東病棟

5階東病棟は40床の回復期リハビリテーション病棟です。大道会のモットーのひとつである「連携する」を常に忘れず、退院後の生活を見据えた看護の展開を基本とし、多職種とともに連携を重視しながら、チームで取り組んでいます。


看護科長
安福 偉子

 

5階西病棟

5階西病棟は病床数40床の一般病棟です。医師、リハビリセラピスト、看護師、ソーシャルワーカー等それぞれの専門性をフルに発揮し、チーム全体でご入院の方のゴールを目指すお手伝いをしたいと思っています。また、最新の設備を駆使しつつ、真心を込めた看護をご提供します。


副看護部長
福井 真理子

6階病棟

6階東病棟

6階東病棟は一般内科・整形外科の急性期病棟です。患者さんにとって安全で適切な先進医療・看護が提供できるように、医師をはじめとした他部門とも協力しながら努力しています。患者さん一人ひとりに細かな気配りができ、思いやりをもって接することができるよう、スタッフ一同精進していきます。


看護科長
國生 照子

 

6階西病棟

6階西病棟は循環器内科、心臓血管外科、一般外科系の病棟です。スタッフ一人ひとりが専門性を高めるために自己研さんに努め、質の高い看護とケア、充実したチーム医療の実践を行っています。


看護科長
安部 宏美

7階病棟

7階東病棟

7階東病棟は病床数31床で、特別室を含む個室15床をもつ混合病棟です。スタッフ1人ひとりが専門性を高め、安全で心のこもった看護が提供できるよう頑張っています。


看護科長
池田 保子

 

7階西病棟

7階西病棟は、回復期リハビリテーション病棟です。特別室を含めた個室が多い病棟のため、木目調で落ち着きとぬくもりのある病棟となっています。また、大阪城を見渡すことができ、眺めが良い病棟です。スタッフ全員、大阪城を見ながら気持ちをリフレッシュし、優しさのある看護提供を目指しています。


副看護部長
柴田 まゆみ

 

 

  1. 森之宮病院
  2. 診療科・部門
  3. 看護部