麻酔・ペインクリニック科

安定した状態で手術を乗り越えられるようお手伝いしています。

外来医師担当表 [完全予約制]

診療時間

受付
AM 8:30~11:30

診察
AM 8:30~12:30

 

 

 

 

 

鈴木

休診情報

現在、休診予定はありません。

※急な休診等もございますので、ご了承ください。

特色

森之宮病院では、外科、心臓血管外科、整形外科、乳腺外科、形成外科、歯科、口腔外科、泌尿器科などの手術を行っています。そのうち、麻酔科では年間900件を超える手術の麻酔全般を担当しています。
当科では、安定した麻酔の提供に努め、どんな重症例でも安定した状態で手術を乗り越えられるようお手伝いをしています。神経ブロックなどの除痛手段を用いて、可能な限り術後の疼痛対策を行っています。
手術が終わって術後回復室(集中治療室)に移られてからも、安定した状態を保てるよう、循環管理、呼吸管理に努めています。できるだけ早期に一般病床へ移れるようサポートしています。

スタッフ構成

常勤医師 3名
  日本麻酔科学会指導医 3名
  日本集中治療医学会専門医 1名

ペインクリニック外来

平成22年8月28日、痛みの治療を専門に行うペインクリニック外来を開設しました。診療は、日本麻酔科学会指導医の資格を持つ麻酔・ペインクリニック科の鈴木高広医師が担当しています。
毎週土曜の午前中、完全予約制で、神経ブロックを中心に疼痛対策や血流改善などの治療を行っています。地域の医療機関の先生方からご紹介いただいた患者さんに対する診療も積極的に受け付けています。

1. 痛みに対するブロック

  • 頚椎椎間板ヘルニア、頚部脊柱管狭窄症、頚椎症による腕・肩の痛み
  • 腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症による腰下肢痛
  • 帯状疱疹後神経痛 上記に対して硬膜外ブロック、神経根ブロックなどを行います
  • 内臓痛(癌性疼痛)に対する各種交感神経節ブロック
  • 腰椎手術後の癒着による神経痛に対して硬膜外腔鏡(エピドラスコピー)
  • 難治性疼痛に対する硬膜外刺激電極埋め込み術
  • 腰椎椎間板ヘルニアに対して経度的内視鏡下ヘルニア摘出術

2. 血流改善などの効果を期待するブロック

  • 顔面神経麻痺、突発性難聴に対する星状神経節ブロック
  • バージャー病などの血流障害に対して各種交感神経節ブロック、硬膜外刺激電極埋め込み術

3. リハビリを効率よく行うためのブロック

  • 各種末梢神経ブロック
  • 五十肩、肩関節拘縮に対して肩関節受動術、関節鏡手術

スタッフ紹介

より安心して手術を受けていただけるよう取り組んでいきます。


麻酔科部長
鈴木 高広
(すずき たかひろ)

侵襲(しんしゅう)、すなわち手術など外部からの刺激が加わると、体は反応します。その反応が過大となり、元の侵襲を超えるほどの強烈なストレス反応が出ると、生命危機に及ぶこともあります。
麻酔は、主に手術という侵襲から体を守るものです。催眠、鎮痛はそのための一手段です。どんなに大きな侵襲が加わろうとも、体の機能をいかに通常状態に近い状態に保つかということが麻酔のテーマです。
麻酔薬の進歩、モニターの発達の恩恵によって、麻酔は昔に比べると安全で快適なものとなりました。より安心して手術を受けていただけるよう取り組んでいきます。

プロフィール

平成7年防衛医科大学校卒業。平成16年大阪大学大学院卒業。
防衛医大付属病院などで研修後、航空自衛隊で勤務。その後平成18年4月から森之宮病院麻酔・ペインクリニック科勤務。

  • 日本麻酔科学会指導医
  • 医学博士

 

皆様から信頼を得られるよう切磋琢磨していきます。


川合 祐介
(かわい ゆうすけ)

麻酔科医は、手術を完全に施行するプロとして働いています。また、手術には関連のない痛みや集中治療、そして緩和医療の分野にも関わっています。主治医として皆様とお会いすることは少ないと思いますが、皆様の信頼を得られるよう切磋琢磨していきます。

プロフィール

平成8年山梨医科大学卒業。平成16年大阪大学大学院卒業。
大阪大学医学部附属病院、大阪府立病院、大阪府立母子保健総合医療センター、箕面市立病院、市立豊中病院などを経て、平成20年1月から森之宮病院麻酔・ペインクリニック科勤務。

  • 日本麻酔科学会指導医
  • 医学博士

患者の個人個人の状態にあった麻酔を目指しています。


植田 一吉
(うえた かずよし)

手術を乗り切るために麻酔は必要なものです。手術を安全に行うことはもちろんですが、手術後の痛みや吐き気の程度は同じ手術をしても個人差があります。なかには「手術後、痛くはないが吐き気がひどくてつらかった。」と言われる方もおられます。なるべく手術後を快適に過ごしていただくために患者さん個々の状態に配慮した麻酔を心がけております。前の手術よりも少しでも手術後が楽だった、また初めての手術でも快適だったと言われることを目指しております。

プロフィール

平成9年滋賀医科大学卒業。
大阪大学附属病院麻酔科、大阪医療センター、関西労災病院から大阪大学附属病院麻酔科助教、済生会中津病院を経て平成29年4月から森之宮病院麻酔・ペインクリニック科勤務。

  • 日本麻酔科学会指導医
  • 日本集中治療医学会専門医
  • 医学博士
  1. 森之宮病院
  2. 診療科・部門
  3. 麻酔・ペインクリニック科