下肢静脈瘤(下肢救済センター)

足の変化、気になる方はご相談ください。足のだるさ、痛み、こむらがえり、足の血管が浮き出て見えている… このような変化にお心当たりはございませんか?これらの症状、「下肢静脈瘤」かも知れません。

森之宮病院は、下肢(足)の動脈疾患や静脈疾患治療に特化した病院です。
このページでは下肢静脈瘤を発症している方に見られる症状や、その治療方法についてご紹介しています。

気になる症状が見られる方は是非当院の循環器内科までご相談ください。
当院の循環器内科では、 「川﨑大三」医師率いるチーム医療 で診断・治療を行っています。

 

こんなお悩みありませんか? 足が重だるい・むくみ・こむらがえり・足の皮膚が硬くなった・足の静脈がぼこぼこしている・皮膚潰瘍・色素沈着・痛み。足にこのような症状がみられる場合、下肢静脈瘤を発症している可能性があります。

 

下肢静脈瘤は命にかかわる病気ではありませんが、放置しておいて自然に改善することはなく、時間の経過とともに徐々に悪化していきます。
重症化すると湿疹や皮膚硬化症などの「うっ滞性皮膚炎」を合併します。
さらに悪化すると「潰瘍」になってしまいます。

下肢静脈瘤の悪化

静脈瘤→腫脹→皮膚変色→皮膚潰瘍

 

静脈のメカニズムと下肢静脈瘤

人体には血液が流れる管(血管)があり、この血管には動脈と静脈の2種類があります。

  • 動脈…心臓から送り出された血液を体のすみずみまで流す働き
  • 静脈…動脈によって臓器に送り込まれた血液を心臓に戻す働き

足の血液を心臓に戻す「静脈還流」

人間は立って暮らしていますので、足の血液は重力に逆らって下から上に心臓に向かって流れます。この血液の流れを「静脈還流(じょうみゃくかんりゅう)」と呼びます。

体内には静脈還流をスムーズに行うためにいくつかの機能があります。
足では、ふくらはぎの筋肉によるポンプ作用静脈弁が重要な働きをしています。

静脈還流のための機能
  1. 呼吸による血液の吸引
  2. 流入する動脈の血液による押し上げ
  3. 筋の収縮による筋ポンプ作用
  4. 静脈弁

 

静脈弁の役割

静脈弁は、立っている時に血液が足の方に戻ってしまうのを防いでいます。この弁が壊れると、血液が逆流してその下にある静脈に血液がたまってしまいます。

血液がたまった状態が毎日毎日、何年も続くと徐々に静脈の壁がひき延ばされて太くなります。
さらに太くなると静脈はヘビのようにグネグネと曲がりくねった状態になります。

この静脈が曲がりくねった状態が「下肢静脈瘤」です。

 

下肢静脈瘤の治療法

手術や薬を用いない「保存的治療」

弾性ストッキング(圧迫力を備えた医療用ストッキング)を用いることで症状の改善をおこないます。
足を締めつけて、ふくらはぎの筋ポンプ作用を助けることによって静脈還流をうながし、足に血液がたまるのを防ぎます。

静脈に薬を注射して固める「硬化療法」

硬化療法は、下肢の静脈瘤に薬を注射して固めてしまう治療です。固めた血管が硬くなることから硬化療法と言われています。

軽症の下肢静脈瘤には有用性の高い治療法ですが、進行した静脈瘤には治療効果が期待できない場合もあります。

血管を内側から焼いてふさぐ「血管内治療」

血管内治療は、 静脈を焼いてふさぐ治療です。

細い管(カテーテル)を病気になった静脈の中に入れて、内側から熱を加えて焼きます。焼いた静脈は固く縮み、治療後半年ぐらいで吸収されてなくなります。

 

治療方法

高周波アブレーションカテーテル

 

下肢静脈瘤の手術には、血管をしばる「高位結紮術(こういけっさつじゅつ)」と、血管を引き抜く「ストリッピング手術」もありますが、 当院では高周波アブレーションカテーテルによる下肢静脈瘤治療(上記)を第一選択としています。

 

診療のご予約・お問い合わせ先

TEL

06-6969-0111(代)

受付時間

平日  9:30~17:00
土曜日 9:30~12:00

担当

外来受付(1階中央処置室)

 

  1. 森之宮病院
  2. 下肢静脈瘤(下肢救済センター)