整形外科

入院治療を原則として、機能回復をめざした治療を行います。

当院整形外科では、四肢を中心として、骨や関節など運動器の疾患や外傷、運動(体や手足の動き)の異常、手足の変形などを治療します。かかりつけ医からのご紹介いただいた方や救急の患者さんを中心に、入院治療を原則とします。
また、当院形成外科では、組織の異常、変形や欠損などの「疾患」を治療対象とする「再建」を主な治療対象としています。生まれつきのまたはけがや癌などで変形したり、失われた組織の異常を機能の回復のみならず、形も正常に近い状態に再建し、社会生活の質(QOL:quality of life.)を向上させることを目的に治療を行います。

 

診療対象

  1. 四肢骨折を中心とした外傷(外傷、上下肢の骨折)
  2. 変形性関節症や関節リウマチなどの関節疾患
  3. 椎間板ヘルニアなどの腰痛疾患
  4. 整形外科手術後早期のリハビリテーション
  5. 形成外科疾患、外傷(けが)、腫瘍、先天異常(生まれつき)

   ※当院では「美容」「美容外科」は取り扱っておりません。

外来医師担当表 [予約制]

診療時間

受付
AM 8:30~11:30

診察
AM 9:00~12:00

 

 

 

安本

安田

青木
(1,3,5週)

受付
PM 1:00~4:30

診察
PM 1:30~5:00

 

安田

田中

安本

 

 

休診情報

現在、休診予定はありません。

※急な休診等もございますので、ご了承ください。

スタッフ構成

常勤医師 2名
   日本整形外科学会認定指導医 1名
   日本整形外科学会認定専門医 2名
   日本形成外科学会専門医 1名
   日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション専門医 1名

主な検査・特殊治療

画像検査(MRI、CTなど)
装具療法(ご入院されている全てのご入院の方のご相談にのります)

主な紹介元・紹介先施設

大阪府立成人病センター、独立行政法人大阪医療センター、大阪警察病院、大阪厚生年金病院、住友病院、北野病院、大阪大学医学部附属病院、大阪市立総合医療センター等多数

スタッフ紹介

これまでの経験を活かしながらより良い治療法を実践していきたい。


整形外科部長
安田 昌樹
(やすだ まさき)

今まで、主に四肢骨折の外傷や人工関節を中心に関連病院で整形外科の研鑽を積んでまいりました。当院でも今までの経験を生かして、引き続き頑張っていきたいと思います。また、今後ますます進歩していく医学の世界においても、新しい方法を模索し、よりよい治療法を実践していきたいと思っております。

プロフィール

昭和63年福井大学医学部卒業。 行岡病院、関西労災病院、市立泉佐野病院、阪和第二泉北病院、西宮市立中央病院、済生会泉尾病院を経て、平成21年7月から森之宮病院整形外科部長。

  • 日本整形外科学会指導医
  • 日本整形外科学会専門医
  • 難病指定医
  1. 森之宮病院
  2. 診療科・部門
  3. 整形外科