研究業績一覧

 職員一人ひとりが学会や研修会を通して研鑽を続けています。
 大道会グループ職員は、数々の学会および研修会で講師や発表者を務めています。また、書籍への執筆も積極的に行なっており、これらの活動をご紹介します。

2024年度

学会発表

神経リハビリテーション研究部

  1. 河野悌司, 服部憲明, 宇野裕, 畠中めぐみ, 矢倉一, 藤本宏明, 北城圭一, 宮井一郎.
    脳波位相同期指数と機械学習による脳卒中後日常生活活動(ADL)の回復評価.
    第65回日本神経学会学術大会. 2024年5月31日. 東京.
  2. 平松佑一, 藤本宏明, 野田真之, 畠中めぐみ, 矢倉一, 宮井一郎.
    脊髄小脳変性症に対する短期集中リハビリテーション治療成績は経頭蓋直流電気刺激で向上するか?.
    第61回日本リハビリテーション医学会学術集会. 2024年6月13日. 東京.
  3. 藤本宏明, 藤田暢一, 平松佑一, 寺前達也, 野田智之, 宮井一郎.
    左右独立免荷装置および足関節ロボットの片麻痺歩行に対する併用効果.症例報告.
    第61回日本リハビリテーション医学会学術集会. 2024年6月15日. 東京.
  4. 矢倉一, 平松佑一, 藤本宏明, 畠中めぐみ, 河野悌司, 宮井一郎.
    回復期脳卒中患者の痙縮に対する拡散型圧力波治療の有効性.
    第61回日本リハビリテーション医学会学術集会. 2024年6月16日. 東京.

 

講演会・研修会講師

神経リハビリテーション研究部

  1. 畠中めぐみ.
    回復期リハビリテーション病棟におけるリハビリテーション科専門医の役割.
    第61回日本リハビリテーション医学会学術集会. 2024年6月14日. 東京.

森之宮病院 診療部 大動脈治療センター(心臓血管外科)

  1. 元木学.
    慢性B型大動脈解離に対するステントグラフト内挿術.
    第124回日本外科学会定期学術集会. 2024年4月19日. 愛知.

森之宮病院 歯科診療部ボバース記念病院 歯科診療部

  1. 旭吉直.
    AHA-BLSヘルスケアプロバイダーコース(大阪ライフサポート協会主催)インストラクター.
    2024年4月28日. 大阪.
  2. 旭吉直.
    歯科治療時の緊急対応と有病者歯科治療.
    歯科定例研究会.2024年6月2日. 兵庫.

論文発表

神経リハビリテーション研究部

  1. Nishioka S, Takayama M, Okamoto T, Miyai I.
    Implementation of nutritional screening tools, nutritional assessment tools, and diagnostic criteria for malnutrition in convalescent rehabilitation wards: A nationwide survey.
    Clinical Nutrition ESPEN. 2024;62:102-107.
  2. 畠中めぐみ, 宮井一郎.
    回復期リハビリテーション医療を推進するチームアプローチ:現状と課題.
    総合リハビリテーション. 2024;52(5):447-456.

ボバース記念病院 診療部 小児神経科

  1. 市河茂樹山口直人高田栄子北井征宏宮田理英是松聖悟星野陸夫松尾宗明平山雅浩藤枝幹也.
    小中学校・特別支援学校教職員を対象として「教育と医療の連携」に関するweb調査.
    日本小児科学会雑誌. 2024;128(5):767-776.
  2. 北井征宏.
    身体的な障害がある子どもの気になる発達.
    小児看護. 2024;47(5):546-551.

著書

神経リハビリテーション研究部

  1. Hirata Y, Noda T, Miyai I.
    Asia-Pacific region: Japan.
    Rehabilitation robots for neurorehabilitation in high-,low-,middle-income countries. Current practice,barriers,and future directions. In Johnson MJ, Mendonca RJ, eds. 167-178.Academic press,London,UK,2024.

過去年度の一覧

2023年度2022年度2021年度2020年度2019年度2018年度2017年度2016年度2015年度2014年度2013年度2012年度2011年度2010年度2009年度2008年度2007年度2006年度2005年度2004年度2003年度2002年度

  1. 社会医療法人大道会
  2. 研究
  3. 研究業績一覧